佐藤勝利&北山宏光『SHOCK』ライバル役に 堂本光一はジャニーさんそっくりに?

映画・舞台 公開日:2022/02/18 16
この記事を
クリップ

KinKi Kids堂本光一が主演を務めるミュージカル『Endless SHOCK-Eternal-』の製作発表会が17日、都内で行われ、堂本のほか、ライバル役のSexy Zone佐藤勝利Kis-My-Ft2北山宏光、ヒロイン・リカ役の綺咲愛里、オーナー役の島田歌穂前田美波里が出席した。

2000年11月の初演『Millennium SHOCK』(作・構成・演出ジャニー喜多川)以来、光一が国内ミュージカル単独主演記録を更新し続ける『SHOCK』シリーズ。05年から上演された『Endless SHOCK』はニューヨークのブロードウェイを舞台に、若きエンターテイナー・コウイチの夢と活躍を描く。


2020年度の公演は新型コロナウイルスによって2月26日をもって中断。同年9、10月には感染予防の観点から上演時間を2時間、殺陣を映像で表現するなどシンプルなパフォーマンスに仕上げた『Endless SHOCK-Eternal-』を披露した。『-Eternal-』は本編(Endless SHOCK)から3年後のストーリーで、スピンオフという立ち位置となる。


会見冒頭、光一はマイクを握ると「まだまだ世の中が落ち着かない中、今回の公演をどうしようか、すごく、すごく悩みました。そして、スピンオフ『-Eternal-』をお届けすると決めたのは2日前。客席上空をフライングするのはまだ控えるべきという僕の判断」と感染状況を鑑みての決断を説明。2年ぶりの『Endless SHOCK』(本編)を見送り、『-Eternal-』を上演することとなった。


光一は「SHOCKという作品はジャニーさんとともに歩んできた作品。稽古でもステージでも常にジャニーさんを感じながらやっている。この状況下で、4月と5月にSHOCKをやるのは厳しいけどどうしたらいい?とジャニーさんに聞いたら、きっと『そんなの新しいものを作ればいい』と言うと思う。でも、そんなの僕には無理。それでもエンターテインメントは心を豊かにするんだという何かをお届けしたい」と作品への思いを語った。


ライバル役には佐藤と北山。佐藤が帝国劇場、北山が博多座での公演に登場する。光一は「この前あったジャニーズのフェスだったりとチラチラと2人と顔を合わせたことがある。でも、がっつりと一緒に仕事したことはあまりない。これからどんどん僕が知らない佐藤勝利、北山宏光を発見するのが今から楽しみ」と期待を寄せる。


『SHOCK』は憧れであり、大切な作品と話す佐藤はライバル役に初挑戦する。「初めて作品を見たときから終わらない衝撃が今も続いている。強い思いがあり、通常は本番の1ヶ月前から稽古に入るのですが、僕は(昨年の)11月から先走っています(笑)。そのくらい強い思いで頑張っている。一生懸命やりたい」と並々ならぬ思いを吐露。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 5件)