岩田剛典、結婚はまだ先?理想の結婚式は「考えるのも大変」

映画・舞台 公開日:2022/03/04 49
この記事を
クリップ

俳優×アーティストの両立は 「当たり前になっちゃってる」


──岩田さんは俳優とアーティストを両立されていますが、なにか相乗効果のようなものを感じることはありますか? 


今はそれが当たり前になっちゃってるから、どうなんだろうな。俳優をやっていることで、アーティスト業に活かせたかなと思うことはいっぱいありますね。アーティストはパブリックイメージを守らないといけない部分もあるので、手広くやりすぎると伝わらなくなっちゃったりすることがあるんですよ。


その点、俳優の方は“役”という名目があるから自由にやれるような気がするんですよね。役によっても振り幅があるから、それを持ち帰って、アーティストの方であえて崩した表現をしてみたりすることはあります。


わざと自分で窮屈に仕上げた部分を、タイミング次第ではちょっと広げたり、広げなかったりとか。そういう自分の中の匙加減は調整しています。専門的な話でわかりづらいかもしれないけど、そういう感覚は自分の中であるかもしれないですね。


2/3ページ

この記事の画像一覧 (全 11件)