『大怪獣のあとしまつ』山田涼介ら、素の表情が垣間見えるオフショット公開

映画・舞台 公開日:2022/02/09 6
この記事を
クリップ

“暴れ狂う大怪獣に、逃げ惑う人々。突如、ヒーローが現れて世界を救う――。”それは、子供の頃に誰もが憧れた、特撮映画でお決まりの展開。しかし、倒された怪獣の死体処理は、果たしてどうなっていたのか…?そんな 「誰もが知る“巨大怪獣”の、誰も知らない“死んだ後”の物語」を史上初めて描いた、映画『大怪獣のあとしまつ』が、2月4日(金)に全国公開された。


主演にはHey! Say! JUMPの山田涼介、ヒロインに土屋太鳳を迎え、さらに監督・脚本をドラマ『時効警察』シリーズで知られる三木聡が務める。今まで誰も見たことのない“空想特撮エンターテイメント”にふさわしい最強タッグが実現した。


この度、そんな本作の公開を記念して、キャストたちのオフショット・クランクアップ写真が到着、一挙に初解禁された。まず解禁された写真は、本作の主演であり特務隊・一等特尉帯刀アラタを務めた山田涼介と特務隊・隊長の敷島征一郎(眞島秀和)の特務隊コンビと、三木聡監督のスリーショット。巨大怪獣のあとしまつという難問の現場責任者で指揮をとるアラタと、特務隊を率いる頼れるリーダーの敷島隊長の素の表情が垣間見えたようなカットとなっている。

続いて公開されたのは、環境大臣・蓮佛紗百合役のふせえりと怪獣関連の事案について蓮佛より絶大な信頼を置かれている、環境大臣秘書官・雨音ユキノ役の土屋太鳳コンビ。カメラに笑顔をむけているふたりは、連続テレビ小説『まれ』に続いて2度目の共演。仲の良さがうかがえる写真となっている。3枚目は、西田敏行演じる内閣総理大臣・西大立目完と西大立目の秘書官である濱田岳、三木監督3名が親指を立てるサムズアップの仕草で笑顔を見せているクランクアップ写真。濱田と西田はドラマ『釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助~』シリーズ以来約3年ぶりの共演となり、息のあった掛け合いを見せている。


最後に公開された写真は、三木組常連とも言えるオダギリジョー演じる青島涼(通称:ブルース)と、青島行きつけの食堂従業員でサヨコ役・二階堂ふみと監督をおさえたオフショット。巨大怪獣の腐敗ガス問題が発生し、避難指示区域が拡大されたことで自分もその圏内に入ってしまい絶望するサヨコ。その様子をみたブルースはアラタからの協力要請を受ける決意をするという、重要なシーンを撮り終えた後の現場での様子が切り取られている。

日本を代表する豪華キャストが揃った本作。2020年に3月にクランクインし、4月末にはクランクアップ予定だった。だが新型コロナウイルス拡大の影響を受け、撮影中断と公開延期が決定。万全の体制を整え2021年1月にキャスト・スタッフが再集結し、3月に無事クランクアップを迎えた。新型コロナ拡大に2度の緊急事態宣言…制約とイレギュラーに満ちた現場だったが、三木監督は「おかげでいろんなプランを練り直し、効率的な撮影方法を考えなければならなかった。コンテも見直すことになり、結果的に映画としてよりパワーアップできたと思います」と手ごたえを感じている。

映画さながら大きな試練がありながらも、豪華キャスト陣が再び顔をそろえ映像化が実現、見事に完成した本作の結末は必見だ。


■映画『大怪獣のあとしまつ』

大ヒット上映中
監督・脚本:三木聡
出演:山田涼介 土屋太鳳 濱田岳 眞島秀和 ふせえり 六角精児 矢柴俊博 有薗芳記 SUMIRE 笠兼三 MEGUMI 岩松了 田中要次 銀粉蝶 嶋田久作 笹野高史 オダギリジョー 菊地凛子 二階堂ふみ 染谷将太 松重豊 西田敏行
企画・配給:松竹 東映

(C)2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)