関ジャニ∞丸山隆平、ドラッグクイーン役になりきり脇&足も剃毛「見納めです」

映画・舞台 公開日:2022/02/03 11
この記事を
クリップ

関ジャニ∞丸山隆平が3日、都内で行われたミュージカル『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』の取材会に共演者のさとうほなみとともに出席した。


ジョン・キャメロン・ミッチェル主演で1998年にオフ・ブロードウェイで初演され、マドンナやデヴィッド・ボウイなど数々のセレブリティ達も熱狂したミュージカル『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』。2001年には映画化もされ、一大ムーブメントを巻き起こした。


主演の丸山が演じるヘドウィグは、性転換手術を受けたものの手術の失敗によって股間に“アングリーインチ(怒りの1インチ)”が残ってしまった、男でも女でもあると同時にどちらでもない孤独なロックシンガー。出会いと別れを繰り返しながらも、“カタワレ=愛”を求めて続ける姿を描く。


取材会にはドラッグクイーンの姿で「ご機嫌麗しゅう〜」と登場した丸山。「手応えはお客さんが入ってから感じるのかしら。でも、楽しそうなのはわかっているわ。よろしくお願いしますって感じ!」と役になりきっていた。そのまま取材は続行されたが、途中さとうから「ずっとその感じで?」と聞かれると、冷静になったのか「ちょっとヤバいな(笑)」と大笑いだった。


初のミュージカルに挑戦となるが、「初めてなのでどういう自分が湧き上がるのか、お客さんからもどういう反応があるのかわからない。コロナ禍なので制限もあるので…。でも全力で初めてのミュージカルをやりたい。生の緊張感を楽しんでいきたい」と意気込んだ。


ドラッグクイーンの体作りは「ツアーを回りながらの稽古だったので、おのずと体作りはできた。体幹はピラティスで鍛えましたが」といい、「思ったよりヒールが高くて。人差し指くらいの長さなので7センチくらい?動きに制限が出る」とヒールに苦戦した様子。「女性を尊敬します。ヒールを履くと前のほうがギュン!となってきつい。女性の気持ちを体験させていただいています」と話した。


また、「このあと“断髪式”があるんです。脇毛と足の毛を剃ります」「最後の脇毛!さらば脇毛!」と告白。カメラに向かって脇を見せながら「みなさん、見納めです。このあと失われてから皆さんの前に登場します。カメラさん、ズームして。私の脇に…」となぜか妖艶にほほ笑んだ。



関ジャニのメンバーからはそれぞれメールが届いたといい、「今日メールがきましたね。村上(信五)くんからは『北京から応援してるぜ』とメールがきて、ヤス(安田章大)は一言で『いってらっしゃい』みたいな。(大倉忠義からは)『大変な中やけど無事に幕が開いて終わるのを待っています』って。横さん(横山裕)は寡黙なので、終わってから『お疲れ』と言ってくれるのかな」といい、「4人4様で心があたたまって元気もらいましたね」と感謝した。


ヘドウィグは“カタワレ=愛”を求めて葛藤するが、丸山にとってのカタワレは「全国にいるファンのみなさんです!」とカメラに指を向けて大声で回答。来場するファンに向けて「ガンガンに溜まっているのを発散して帰しますので、お楽しみに。お待ちしております!」と呼びかけた。


同ミュージカルは2月3日から13日まで東京・EX THEATER ROPPONGIで上演され、その後は大阪、福岡、札幌、東京凱旋公演が行われる。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 9件)