宮野真守 小野賢章ら『ウエスト・サイド・ストーリー』豪華声優陣決定、 吹替版予告も初解禁

映画・舞台 公開日:2022/02/03 6
この記事を
クリップ

2月11日(祝・金)に公開となる映画『ウエスト・サイド・ストーリー』。このたび、<伝説のミュージカル>を彩るにふさわしい、超一流の日本語吹替版声優が解禁。あわせて、初解禁となる日本語吹替版予告と、喜びを語るコメントも到着した。



同作はスティーブン・スピルバーグ監督が、『ロミオとジュリオット』をモチーフにした〈伝説のミュージカル〉を映画化したもの。社会の分断を乗り越えようとした“禁断の愛”の物語を、エンターテイメント史に残る数々の名曲とダイナミックなダンスと共に描いた感動のミュージカル・エンターテイメントだ。


主人公トニーの声を担当するのは、2019年のミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』でもトニーを演じた経験のある宮野真守。今回の抜擢について宮野は、「まさか自分が担当させていただけるとは思っていなくて、嬉しくて嬉しくて飛び上がりました!ミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」でトニーを演じてから、僕の中で、彼は本当に特別な存在です。」と驚きとともに再びトニーという役を演じられることへの喜びを語った。ヒロインのマリアの声を担当するのは、少年から大人の女性まで、幅広いジャンルのキャラクターを演じ分けるなど、演技力に定評のある藤原夏海。「この作品は、物語はもちろん、楽曲、ダンスがもう本当に素敵です。一度聴いたらすぐに口ずさんでしまいたくなるような素敵な曲ばかりで、その曲に合わせて踊る姿に私自身も目が離せませんでした。」と作品の魅力について教えてくれた。


そして、マリアの兄でプエルトリコ系移民<シャークス>のリーダー、ベルナルド役を、『テニスの王子様』や『呪術廻戦』などの人気アニメでも声を務める諏訪部順一、ヨーロッパ系移民<ジェッツ>のリーダー、リフ役を、『ハリー・ポッター』シリーズで主人公ハリーの声を務めたことでも知られる小野賢章、ベルナルドの恋人アニータ役を、実写からアニメまで幅広く活躍している田村睦心が務め、アカデミー賞最有力候補として注目されている本作のために豪華声優陣が集結した。


リフ役の小野賢章は、宮野と同じく2020年のミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』でリフを演じた経験があるそうで、「2020年に公演した同作のミュージカルでも同じリフを演じたこともあり、またリフを演じることが出来るのをとても嬉しく、光栄に思っています。」と大きな喜びを語ってくれた。実力も人気も兼ね備えた一流声優陣が演じる日本語吹替版の仕上がりにも期待が高まる。なお、映画製作者の意向により、本作の日本語吹替版の歌唱部分はオリジナルキャストとなっている。字幕版も日本語吹替版も両方楽しめる『ウエスト・サイド・ストーリー』の公開が待ちきれない。


第79回ゴールデングローブ賞では、作品賞・主演女優賞、助演女優賞を受賞し最多3冠を獲得。アカデミー賞最有力候補との呼び声も高い本作。“異なる立場を越えて、私たちは手を取り合えるのか?”という普遍的なメッセージをこめて贈る『ウエスト・サイド・ストーリー』。この冬、〈伝説のミュージカル〉が新たな感動を巻き起こす。


<声優陣 コメント>

【宮野真守/トニー役】
この度、まさか自分が、映画『ウエスト・サイド・ストーリー』のトニー役の吹替を担当させていただけるとは思っていなくて、嬉しくて嬉しくて飛び上がりました!ミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」でトニーを演じてから、僕の中で、彼は本当に特別な存在です。彼の人生を、全身で生きて、「命」の尊さ、「愛」の大切さを、深く深く感じました。今回の吹替収録の時も、当時の台本も持って行き(笑)、ミュージカルでの経験を、たくさんお話しさせていただきながら、アフレコを進めていきました。まさに不朽の名作「ウエスト・サイド・ストーリー」。多くの人に愛されるこの作品を、僕も大きな愛を持って演じさせていただきましたので、是非とも劇場で、お楽しみください!


【藤原夏海/マリア役】
歴史ある作品に関わらせていただけることになり、とても嬉しく思っています。役が決まった当初は驚きもあり、演じるにあたって私の中でとても斬新な役柄だったので、緊張もありましたが、楽しく演じさせていただきました。この作品は物語はもちろん、楽曲、ダンスがもう本当に素敵です。一度聴いたらすぐに口ずさんでしまいたくなるような素敵な曲ばかりで、その曲に合わせて踊る姿に私自身も目が離せませんでした。皆様も是非楽しみに待っていてください!よろしくお願い致します!


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 4件)