川栄李奈&ハライチ『映画クレヨンしんちゃん』ゲスト声優に決定「めちゃくちゃ嬉しい」

映画・舞台 公開日:2022/02/02 8
この記事を
クリップ

1990年より「漫画アクション」で連載が開始され、その後1992年にアニメが放送されて以来、長きにわたり老若男女に愛され続けている国民的キャラクター『クレヨンしんちゃん』。2022年は映画クレヨンしんちゃん30周年!毎年大ヒットを記録し続けた劇場版もいよいよ30作品目を迎える。そして、記念すべき劇場版第30弾『映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝(ちんぷうでん)』が4月22日(金)公開される。




嵐を呼ぶ5歳児が今度は“忍者”に

監督は『オラの引越し物語~サボテン大襲撃~』、『新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』の橋本昌和と、脚本は『オラの引越し物語~サボテン大襲撃~』『新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』、そして前作『謎メキ!花の天カス学園』のうえのきみこと橋本監督との共同脚本で贈る最新作。長きにわたりシリーズを支えてきたスタッフたちによる本作は、ギャグ満載の忍者アクション超大作。嵐を呼ぶ5歳児が今度は“忍者”に。映画の大スクリーンを縦横無尽に駆け回る。そして本作で明かされるしんのすけ出生の真実――なんと、しんのすけは野原家の子供ではなかった…!?


川栄李奈ハライチがゲスト声優に決定

この度、記念すべき劇場版30作品目となる本作のゲスト声優に川栄李奈、ハライチが決定した。数々のドラマ・映画作品に出演し、演技力が高く評価され、現在放送中のNHK連続テレビ小説「カムカムエブリバディ」3代目ヒロインを演じる川栄李奈。本格派女優としてめざましい活躍を見せている川栄が今作で声優を務めるのは、“しんのすけの本当の母親”を名乗る女性・屁祖隠(へそがくれ)ちよめ役。その傍らには5才の少年・珍蔵の姿も。そしてその夜、しんのすけはちよめと共に謎の忍者軍団に連れ去られてしまう・・・。実はちよめは、忍者の里で「もののけの術」を受け継ぐ末裔の妻だった。



しんちゃんにまつわる思い出を伺うと「幼い頃、しんちゃんの妹・ひまわりの人形を買ってもらって、妹として友達に紹介するくらい大好きでした(笑)」と可愛らしい思い出エピソードを明かした川栄さん。「家族の暖かさという大切なことを「クレヨンしんちゃん」から教えてもらいました。」と、本シリーズへの想いも語ってくれました。「ちよめはくノ一で格好いいイメージ。それからお母さんですごくしっかりしている一方で、可愛らしい魅力もある役どころ。演じきれるように頑張ります!」と意気込みも。川栄としんちゃんのコミカルな掛け合いに期待が高まる。


さらに、芸人・ハライチ(岩井勇気澤部佑)のお二人がゲスト声優に決定!しんのすけと同じく埼玉県の星であるハライチはノリボケ漫才と呼ばれる独自のスタイルを確立し、昨年末開催されたM-1グランプリでも敗者復活権を見事勝ち取り、ファイナリストとして話題に。お笑い界のみならず、それぞれも俳優業やエッセイを手掛けるなど、多方面で活躍しています。今回、春日部で行われるカスカベ花火大会の前説芸人として本人役で声優に初挑戦、劇中だけのオリジナル漫才を披露する。


声優(漫才)の意気込みを聞かれると岩井は「『クレヨンしんちゃん』の世界の中で漫才をできるというのは、我々のひとつのゴールなんじゃないかな。これが解散ライブになるかも。劇場で目に焼きつけてもらいたいです(笑)」とまさかの引退宣言!?そして同じ埼玉出身のしんのすけとおシリ合いになれたことについて澤部さんは「埼玉出身の我々が、これからも芸能界で頑張っていく上で、怖いものが無くなりましたね。埼玉では敵なし。バックにしんちゃんがついてんだぞ、という気持ちです。」としんちゃんに出演することで更に勢いを増した様子。本作で披露される漫才にも期待が高まる。


川栄、ハライチがゲスト声優に決定したことをうけて、しんのすけは「りな、かわえ~♡オラの映画に出てくれるなんて、ノハラ感激~!さらに!オラと同じ埼玉出身のハライチのお二人!オリジナルの漫才を見せてくれるんだって~?オラを笑わせたら大したもんだゾ!ワーハッハッハッハ!」とコメント。果たしてどんなおバカなギャグ満載の珍ぷ~な本格忍法が飛び出すのか?しんのすけ誕生に隠された真実とは。


川栄李奈 コメント

【屁祖隠(へそがくれ)ちよめ役(声:川栄李奈)】

忍者の里で「もののけの術」を受け継ぐ末裔の妻・くノ一。野原一家の前に、”しんのすけの本当の母親”として名乗り出る。


<川栄李奈 コメント>

「クレヨンしんちゃん」は小さい頃からアニメを見ていたのでオファーを頂いてすごく嬉しかったです。幼い頃、しんちゃんの妹・ひまわりの人形を買ってもらって、自分の妹として友達に紹介するくらい大好きでした(笑)家族の暖かさという大切なことを「クレヨンしんちゃん」から教えてもらいました。毎回声優のお仕事をやらせて頂くときは、本当に緊張します。今回演じるちよめという役はくノ一で格好いいイメージ。それから、お母さんですごくしっかりしている一方で可愛らしい魅力もある役どころです。演じきれるように頑張ります!


ハライチ コメント

【芸人・ハライチ役(声:ハライチ)】

春日部で行われるカスカベ花火大会の前説として漫才を披露。


<岩井勇気 コメント】

めちゃくちゃ嬉しいですし、やっと出させてくれるんだという気持ちです。埼玉出身で住んでいたところなので、どこかでしんちゃんと交わるときが来るってどこかで思っていたんです。『クレヨンしんちゃん』の世界の中で漫才をできるというのは、我々のひとつのゴールなんじゃないかな。オレたちのやりたいことはコレだったんだって、今考えると思いますね。これが解散ライブになるかも。劇場で目に焼きつけてもらいたいです(笑)


<澤部佑 コメント>

埼玉出身の我々も芸能界で頑張っていく上で、埼玉はしんちゃんのイメージが一番なのでなんとか超えなきゃと意識していました。これで怖いものが無くなりましたね。埼玉では敵なし。バックにしんちゃんがついてんだぞ、という気持ちです。オファーいただいたときは、あんまり言うのアレですけど、今までの仕事で一番嬉しかったですね(笑)自分の子供が絶対に見るので、本人役の方が「パパだ!」ってなるから、頑張ってやるだけです。キャラクターを見たときは、しっかりハライチでめちゃくちゃ嬉しかったです。僕、意外と描きやすそうに見えて、いつも似ないんですよ。でもしっかり35歳のおじさんだったし、ちゃんと表現されてたのがスゴイです!


しんのすけ コメント

りな、かわえ~♡オラ、かわえ~♡李奈おねいさん、オラの映画に出てくれるなんて、ノハラ感激~!しかもしかも、今回の映画で、忍者くノ一として出てくれるんだって?しかもオラの本当の母ちゃんなの!?あ~ん、もう頭がパニックだゾ~!

さらに!オラと同じ埼玉出身のハライチのお二人!どもども、はじめまして~!今回本人役で、オリジナルの漫才を見せてくれるんだって~?オラを笑わせたら大したもんだゾ!ワーハッハッハッハ!

じゃ!おたのしみニンニン♪春まで待ちきれないでござるゾ!


■『映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝』

4月22日(金)公開

声の出演:小林由美子ならはしみき森川智之こおろぎさとみ ほか
ゲスト声優:川栄李奈・ハライチ
原作:臼井儀人(らくだ社)/「月刊まんがタウン」(双葉社)連載中/テレビ朝日系列で放送中
監督:橋本昌和『オラの引越し物語 サボテン大襲撃』(15)、『新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』(19)
脚本:うえのきみこ、橋本昌和
製作:シンエイ動画・テレビ朝日・ADKエモーションズ・双葉社

©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2022


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)