横浜流星の“男気”を佐野勇斗が明かす「さすがにキュンときましたね!」

映画・舞台 公開日:2022/02/01 20
この記事を
クリップ

俳優の横浜流星佐野勇斗が1日、都内で行われた映画『嘘喰い』(2月11日公開)学生限定試写会イベントに出席した。2人がイベントに参加するのは観客にとってサプライズ。姿を現した瞬間、会場は約90人の黄色い声援に包まれた。中には泣き出すファンもおり、横浜は「サプライズは成功したかな?」と嬉しそうに語った。


横浜のキュンとした行動について聞かれた佐野は、「流星くんと一緒に鰻を食べに行った」といい、「そこで流星くんが席を立ったのでちょっとトイレに行ったのかと思った。そのあと普通に食べて、ごちそうさまでしたとなり、お会計しようと思ったら店員さんが『もういただいてます』って」と横浜はさり気なく支払いを済ませていたことを告白。「それはさすがにキュンときましたね!俺は『おごるよ』と言っちゃうけど、それをさらっとやるところにやられましたね〜」と話すと、横浜は「後輩にそんなことさせられない。先輩としてかっこよくいさせてください」と男気にあふれていた。


また、映画の内容にかけ「大金を手にして2人で豪遊するなら何をしたいか」と問われると、横浜は「半分あげるから、半分貯金するわ(笑)」と回答。佐野は「一緒に使いましょうよ!」といい、「流星くんゲーム苦手だから、そこら中のゲームを買ってきて流星くんの得意なゲーム探したいです」と提案。横浜は「ずっと空手に打ち込んできたのでゲームで遊ぶ道を選んでこなかった。そういうブランクはあるかもですが、極めたら勝ちます!」と苦手克服に意欲的だった。



この日は会場に招かれた学生から悩みを募集。2人がその場で相談に乗るコーナーが設けられた。「興味があることがたくさんあるけど、挑戦する勇気がない。応援してほしい」というファンがいると、横浜は「まず興味があることが素晴らしい。僕は興味を持つことがあまりないので…。興味があることに挑戦するのが怖いって言っていたけど、挑戦してほしい。挑戦しないことが怖いことだから。後悔してほしくないです、人生一度きりなので。失敗してもいい、失敗しないと成長しないし、成功の道を切り開けないからたくさん失敗して、道を開けることを祈っています。僕も挑戦は怖い。でも挑戦しないといけない仕事をしている。でも楽しいよ。一歩を踏み出せば輝く未来が待っているから大丈夫」とエールを送った。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 34件)