中村悠一 津田健次郎ら『ナイル殺人事件』日本版声優が決定、見どころ語るコメント到着

映画・舞台 公開日:2022/01/28 10
この記事を
クリップ

2月25日(金)に公開となる映画『ナイル殺人事件』。このたび、本作のゴージャスで魅惑的なミステリー・クルーズをさらに彩る、豪華な日本版声優が解禁となった。




全世界で20億冊以上出版され、「世界一売れた作家」として知られ、“ミステリーの女王”の異名を持つ作家アガサ・クリスティが生涯を通して書き続け、今もなお全世界で愛される“名探偵ポアロ”シリーズ。時代を超越した人気シリーズの中でも、アガサ自身が“旅行物のミステリーで史上最高傑作”と称する1937年に発表された『ナイルに死す』。この傑作ミステリーを前作『オリエント急行殺人事件』に続き、ケネス・ブラナー監督が映画化。


本作『ナイル殺人事件』の舞台は神秘の国エジプトのナイル川を往く豪華客船。数々の難事件を解決してきた世界一の名探偵ポアロは、豪華客船で起きる難解な密室殺人事件に挑む。主人公の名探偵ポアロの声を担当するのは劇団四季出身で数々の映画やドラマ、洋画の吹替声優を務めるなど幅広く活躍している広瀬彰勇。愛と欲望が絡み合う複雑な難事件を描く本作について広瀬は「前作、『オリエント急行殺人事件』に引き続きケネス・ブラナー氏自らの監督による本作はエジプトの美しい背景を舞台に愛憎渦巻くサスペンスが展開し、人間の愛と欲望を深く掘り下げた脚本が見事です。『私は知っています……愛のために……人は…人を殺す。』ポアロの言葉が21世紀の現代を生きる我々にも突き刺さる気がします。」と見どころを明かした。


前作に引き続き登場するポアロの友人ブーク役には、人気アニメ作品のキャラクターを数多く演じている中村悠一が続投。「前作ではいいポジション取りをしていたブーク。彼が今作また登場できると聞いて、今度は一体どんな役割なんだろ?と思っていましたが…?!驚きのドラマの連続でドキドキワクワクしていただけること間違いなしだと思います!お楽しみに。」と想像を超える驚きの真相が待っていることを教えてくれた。


莫大な資産を相続した大富豪の娘リネットの声を担当するのは、アクション大作『ワンダーウーマン 1984』でもガル・ガドットの声優を務めている甲斐田裕子。リネットは夫サイモンとクルーズ船の新婚旅行に訪れるが、ある晩何者かに殺されてしまい、第一の殺人事件の被害者となる。甲斐田は、「ガル・ガドット演じるリネットは芯があり賢く優しさも持ち合わせています。ただ資産家ゆえに人を信じられない恐怖と弱さを隠し持つ。その辺りを損なわないように演じようと心掛けました。原作とは設定が少しずつ変化しているので、話を知っている人にも楽しんでもらえると思います。」と、原作との違いを楽しんでもらいたいと語る。


リネットの夫サイモンの声を担当するのは魅力的な低音ボイスで絶大な人気を誇る津田健次郎。サイモン役として参加できたことを光栄と語る津田は、「サイモンは美しさと力強さを同居させた魅力のあるキャラクターだと思っております。名匠ケネス・ブラナーの描く華やかな上流社会の中で更にサイモンは輝きます。エジプトの壮大な景色の中で繰り広げられる華やかで残酷な名作ミステリー、どうぞお楽しみに。」とサイモンの魅力と共に、難解なミステリーの魅力にも言及した。


リネットの親友でサイモンの元婚約者の“謎めいた恋人”ジャクリーンを演じるのは、数々のアニメや洋画の吹き替えを担当している森千晃。森は「私の中で、現実では関わり合いたくない人、作中No.1はジャクリーンです。心底悪い人間では無いと思うのですが、何をするかわからなくて恐ろしい…だからこそ映画の中ではとっても魅力的で、目が離せない存在になっています。」と悪女のようなジャクリーンの魅力を明かした。


そして他にも事件に関わる重要な人物たちの日本版声優も決定。敏腕マネージャーのロザリーを早見沙織、結婚式でパフォーマンスするために雇われた華麗なるシンガー サロメを桜井ひとみ、ブークの過保護な母親ユーフェミアを榊原良子、リネットの名付け親であり後見人でもあるスカイラーを小宮和枝、スカイラーの看護師で株の大暴落で資産を失った過去を持つバワーズを一龍斎春水、リネットの友人として結婚式に出席する医師ドクター・ウィンドルシャムを川島得愛、リネットの財産管理人アンドリューを内田岳志、リネットのメイドで自身も上流階級の仲間入りをしたいと強く願うルイーズを潘めぐみが演じ、豪華声優陣が集結した。ナイル川を往く豪華客船内で起こる殺人事件、そして次第に浮き彫りとなるそれぞれの思惑と複雑に絡み合う人間関係。リネットを始めとする連続殺人事件が巻き起こり、リネットを殺害した真犯人とは一体誰なのか?“乗客全員”が容疑者のドラマチックな豪華ミステリー・クルーズに、今世界が注目をしている。


1/2ページ