宮野真守「若かりし頃の宮野の表現も(笑)」金曜ロードショーだけの吹替版が放送

映画・舞台 公開日:2022/01/28 13
この記事を
クリップ

金曜ロードショーの2月は、1980年代、1990年代、2000年代の名作洋画を3週連続で放送。第1弾は4日、1980年代の名作『ゴーストバスターズ』(1984年)が、第2弾は11日、1990年代の名作『クール・ランニング』(1994年)が、そして第3弾は18日、2000年代の名作『チャーリーとチョコレート工場』(2005年)が放送される。(※公開年はいずれも日本公開時)



イギリスの小説家、ロアルド・ダールの児童書を原作に、監督ティム・バートン、主演ジョニー・デップのゴールデン・コンビが贈る、ファンタジー・アドベンチャーの傑作。5人の子供たちが、超変わり者が経営するチョコレート工場に招かれて奇妙な体験をしていく摩訶不思議な物語。予想もできない不思議な世界観で、多くのファンに今なお愛されている2000年代の傑作映画が、宮野真守がジョニー・デップの声を演じる、ここでしか見られない金曜ロードショー・オリジナルバージョンで放送される。その宮野真守からコメントも届いた。



<宮野真守 コメント>

この度また、金曜ロードショーで「チャーリーとチョコレート工場」が放送されると言う事で、本当に嬉しく思います!初回放送の当時、僕はまだ20代半ばでした。このような大役に、とてもプレッシャーを感じていたのですが、周りの先輩方に支えられて、結果的に最高に楽しみながら、思いっきりパフォーマンスする事ができました!この作品の持つ、不思議でコミカルで華やかで、ワクワクするような世界観、そして、その芯にある温かいメッセージを感じながら、若かりし頃の宮野の表現も(笑)、是非ともお楽しみください!


【ストーリー】

美味しいお菓子で世界中の人々を魅了するウィリー・ウォンカ(ジョニー・デップ)が声明を発表。「ウォンカの工場ついに公開!幸運な5人の子供たちに見学を許す」。ウォンカ製のチョコレートに入った”ゴールデン・チケット”を引き当てた5人の子供とその保護者を特別に工場に招待するというのだ。選ばれた幸運な5人の1人、チャーリー・バケット(フレディー・ハイモア)は、家が傾くほど貧しい家の育ち。失業中の父(ノア・テイラー)と母(ヘレナ・ボナム=カーター)、そして寝たきりの老人4人の7人で暮らしていた。一年に一枚しかチョコを買えないチャーリーだったが、幸運にも、奇跡的に“ゴールデン・チケット”を手に入れる事が出来たのだった。ウォンカの工場は、15年間、誰一人出入りしたことがないにもかかわらず、世界一のチョコレートをつくり続ける謎に包まれた工場。その不思議な工場で、チャーリーたち5人の子供たちが目にした夢のような世界とは…?


■金曜ロードショー『チャーリーとチョコレート工場』

2月18日(金)よる9時00分~10時54分

© 2005 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved © 2005 Theobald Film Productions LLP


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)