島崎遥香、舞台『政見放送』での政治家役抜擢に驚愕も「台本を読んで納得しました」

映画・舞台 公開日:2022/01/25 7
この記事を
クリップ

島崎遥香が、2022年2月17日(木)~20日(日)に渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホールにて上演される馬場良馬主演の舞台『政見放送』に出演することが決定した。



個性豊かな役者が揃う舞台『政見放送』に新たに出演が決定したのは、アイドルグループ・AKB48の元メンバーで、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』、映画『翔んで埼玉』、1月スタートのドラマ『ハレ婚。』で主演を務めるなど“ぱるる”の愛称で活躍する島崎遥香。2018年の『漫画みたいにいかない。』以来、約4年振りの舞台出演となり、今回は泡沫候補のシングルマザー役に挑戦。


演出は、映画『U-31』『一人の息子』『元メンに呼び出されたら、そこは異次元空間だった』で監督、近年は舞台にも取り組んでいる谷健二。また、脚本は、小泉今日子出演で話題になった舞台『向こうの果て』で脚本を手掛けた竹田新。


舞台『政見放送』は 2月17日(木)より2月20日(日)まで渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホールにて上演。チケット先行(抽選)受付が2022年1月25日(火)23:59まで受付中。


<島崎遥香 コメント>

①島崎遥香さんにとって久々の舞台ですが、意気込みをお聞かせください。
初めて出演させて頂いた舞台は約4年前でゲストとしての出演だったので、今回の舞台は"初めてに等しい"そういった気持ちです。右も左も分からないことばかりなので、本当に初歩的なことではありますが「台詞は覚えられるのかな」ということさえも心配で、不安や緊張もあります。ただ、これから始まる稽古などを通じて先輩方から沢山学べることが楽しみでもあります。全て吸収して自分のものにしたいです。

②台本を読まれた感想は?
私が政治家さんの役!?と思いましたが台本を読んで納得しました。(笑)お客さんとしても観たかったなと思うくらい読んでいて楽しいです。

③舞台をご覧になる観客の皆様へ
こんなに楽しく政見放送をみれるのはこの舞台だけだと思います。思いもよらない展開が後半に待ち構えているので最後まで楽しんでいただけるよう、今出せる限りの力を出し切り、精一杯演じたいと思います。


あらすじ
地方テレビで『町長選挙討論企画』という候補者が討論を行う番組が制作される事になった。収録前、「面白い番組になるぞ!」とディレクターは楽しそうに笑っていた。討論番組に参加する候補者は、町の有力者で傲慢と噂される者、大物女帝国会議員、泡沫候補のシングルマザー、売れない役者と個性豊かな者たち。控室では候補者の裏側、素の姿が見られ、評判とは違う姿を見せる候補者たちの思惑が見え隠れし始める。遂に討論番組が始まると候補者や番組ディレクターの思惑がぶつかり合う。一体、討論番組はどんな展開を見せるのか…。



■舞台『政見放送』
【日程】2022年2月17日(木)~2月20日(日)※全7回公演
【出演】馬場良馬/島崎遥香/木津つばさ 佐藤正和 北代高士/藤田朋子/ダンカン
【会場】渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール
【チケット料金】7,700円(税込・全席指定席)
【演出】谷健二
【脚本】竹田新

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)