伊藤沙莉、撮影中に池松壮亮に「私は妖精」との秘密を打ち明ける

映画・舞台 公開日:2022/01/23 11
この記事を
クリップ

池松壮亮伊藤沙莉が23日、都内で行われたW主演映画『ちょっと思い出しただけ』(2月11日全国公開)の東京プレミア上映会にクリープハイプ尾崎世界観松居大悟監督と参加した。

撮影中に伊藤から「私は妖精だ」と打ち明けられたと池松に暴露された伊藤は「占い師さんに『あなたは人間ではない。妖精です』と言われたから」と照れながら告白。池松から「それを聞いてなんて返せばいいのかわからず、信じた方が話も盛り上がるのかなと思って話を合わせました」と真意を伝えられると、伊藤は「『私妖精らしいです』と池松さんに伝えたら『ごめんね、気づかなくて』と受け入れてもらえたと思っていたのに…」と残念そう。それでも池松から「言った方がいいよ、妖精なんだから」と背中を押されると、伊藤は改めて「妖精です!」と宣言していた。


第34回東京国際映画祭コンペティション部門で観客賞を受賞したラブストーリー。怪我でダンサーの道を諦めた照生(池松)とタクシードライバーの葉(伊藤)を中心に、都会の夜に無数に輝く人生たちの機微を繊細かつユーモラスに描き出す。


池松にとっては久々のラブストーリー。「なかなか縁のないもので。照れ臭いというか、恥ずかしかった」と照れて「伊藤さんとは初共演ながらも6年間を体現しなければならず、でも僕は距離を詰めるのが苦手で、一日に二つくらいの質問をしながら距離を縮めていきました」と苦笑い。


伊藤も「私もどうやって距離を縮めようかと。緊張していて『ラブストーリーは得意ですか?』と聞いたら『はい?』と言われて。質問を間違えた!と思った」と肩をすぼめていた。


そんな二人が思い出深いシーンに挙げるのは、水族館のデート場面。しかし池松は「夢で待ち合わせね」というセリフが恥ずかしくて言いたくなかったそう。「松居監督に『なんでこんなのを書いたの?』と聞いたら『俺結構言うよ』と言われて…。凄いなと思った」と池松が明かすと、伊藤は「私はそのセリフの言葉は嬉しかったです。安心して眠りにつけるから。それを池松さんに伝えたら『え~!』と言われた。色々な感じ方があるんだなあと思いました」と真逆の反応だった。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 15件)