King & Prince永瀬廉、メンバーとツーリング願望明かす「まずは免許を取るところから」

映画・舞台 公開日:2022/01/22 9
この記事を
クリップ

人気グループ・King & Prince永瀬廉が22日、都内で行われた映画『真夜中乙女戦争』の公開記念舞台あいさつに共演の池田エライザ柄本佑、メガホンをとった二宮健監督とともに出席した。


原作は作家Fによる初の小説。“平凡で退屈な日々を送る青年が自分自身と東京を破壊するまでの“夜と恋と戦争”を描いた物語。主人公の無気力な大学生“私”を永瀬、主人公が思いを寄せる凛々しく聡明な“先輩”を池田、謎の男“黒服”を柄本が演じている。


撮影延期などを経てこの日無事に公開。主演の永瀬は「久しぶりにワクワクした気持ちとうか、色んなことがあって撮影が延びたりした。スタッフさんも僕らも苦労した部分もあったので、無事にこうして(お客さんが)フルで入っている状態で公開されてうれしく思う。この景色、幸せやなって思う」と感無量だった。


舞台あいさつで「今年実行したい“○○計画”」について発表する場面があり、永瀬は「真夜中二輪計画」と回答。「僕以外の(キンプリ)メンバーは二輪の免許を持っている。プラス全員がバイクも車も好き。僕も二輪免許を取得して、ゆくゆくはみんなでツーリングみたいなことをしたい。楽しそうだなって。昼は人が多そうなので、真夜中に山沿いとかを走る。あとは昼間に自転車かな。自転車も二輪なんで。なんで、まずは免許を取るところからですね。岬とか行ってみたい」とキンプリメンバーとの計画を掲げた。



「年末年始は山ごもりをして過ごした」と明かした池田は、「キャンプ」計画を発表。「電動チャリで山を駆け上って頂上で動物の爪痕を見るっていう穏やかな生活を何日か過ごしたんです。それが本当に楽しかった。朝日とともに起きて暗くなったら寝るとか、動物もいるとか、そういうことができるのはキャンプ。キャンプしたいですね」と語った。


【インタビュー】池田エライザの“諦めない”思い「大きなお世話なのですが一番楽しくて、幸せ」


柄本は「上半身と下半身の体幹はあるけど、そこをつなげる体幹が著しく弱いと言われた。その証拠に逆上がりができないんです」と告白すると、永瀬も池田も「うそ!?」と驚き。柄本が「逆上がりができないってかっこ悪い」と体幹を鍛えてできるようになりたいと話した。


また、タイトルにかけて「自身の中にある乙女な部分」を聞かれると、永瀬は「めっちゃ最近リップを塗っていること。乙女ですよね、リップクリーム。乾燥しているわけじゃないけど、常に塗っておきたい」と話した。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 22件)