生田絵梨花、城田優からポテンシャル絶賛される “バラエティー女優”には異議

映画・舞台 公開日:2022/01/14 12
この記事を
クリップ

乃木坂46の元メンバーで女優の生田絵梨花が14日、都内で行われた映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』の初日舞台あいさつに長澤まさみ東出昌大小手伸也小日向文世瀬戸康史城田優江口洋介、メガホンをとった田中亮監督とともに出席した。


舞台あいさつで「伝説の詐欺師に一番相応しいのは誰?」という質問が出る場面があり、小手が「生田さん。この中で一番本性がわからないから」と回答。続けて「これまでトップアイドルとして清楚を貫いてきた人が、いくら役作りだからってこんなにSになります?」と話すと、生田が「それは小手さんが連絡先聞いてきて断っただけじゃないですか」とバッサリ。長澤も「それは断っていい!」と断言して会場を笑わせた。


スペインのマフィア・ゴンザレスの内縁の妻で、男を惑わず魔性の女・畠山麗奈を演じた生田。「演じる前はどうしようかと迷った。でも衣装合わせしたときにアリアナ・グランデだと思った。髪型もメイクも服装もその印象だったのでアリアナ・グランデの動画を見まくった。グローバルな感じをヒントにしました」と役作りを明かした。


これまでのイメージとは異なる役となり「(周囲から)誰かわからないという感想をもらいましたね。乃木坂というグループがおとなしめで、スカート丈長めというイメージだったので、私も扉を開けちゃった感じです。私、革命を起こしました!」と新境地に胸を張った。


【関連】生田絵梨花、新境地に手応え 魔性の女役で「知っちゃいけないものを知った」


マフィア・ゴンザレス役で生田と共演した城田は、「彼女はみなさんが思っているよりポテンシャルが高い。イジられることに慣れていない人間がイジられると戸惑うけど、彼女は完璧にこなしている。100点ですもん。これからバラエティー女優として活躍する」と太鼓判。生田はその言葉に喜びながらも「正統派女優としてやらせていただきたい」と訂正していた。


脚本家・古沢良太氏が書き下ろしたテレビドラマ『コンフィデンスマンJP』。ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)の3人が信用詐欺師に扮し、欲望にまみれた人間たちから大金を騙し取る人気シリーズで、劇場版は2019年に「ロマンス編」、2020年に「プリンセス編」が公開され、いずれもヒットを記録。第3弾となる本作は、地中海の島・マルタの首都ヴァレッタを舞台に騙し合いバトルを繰り広げる。


連ドラのクランクインは2017年12月で、ダー子を演じて5年目となる長澤は「こんなに長く続くとは思っていなかったので、ありがたい。この役がどんどん好きになっていったし、この作品に取り組む姿勢も貪欲になっていった気がする。この作品からもらったものがたくさんある」と感慨。小日向も「連ドラ終わって映画3本目は想像しなかったし、こんなに仲良くなるとは思わなかった」としみじみだったが、「やるたびにまさみちゃんの背がでかくなっている気がする。僕は明らかに背が縮んでいる(笑)」と横にいる長澤を見上げていた。





※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 26件)