King & Prince永瀬廉、柄本佑とのキスシーン振り返る「めっちゃ柔らかい」

映画・舞台 公開日:2022/01/14 20
この記事を
クリップ

King & Princeの永瀬廉、女優の池田エライザが14日、都内で行われた映画『真夜中乙女戦争』(1月21日公開)のPRイベントに出席。永瀬は共演した柄本佑とのキスシーンについて「佑さんの唇めっちゃ柔らかいんですよ、びっくりした。それがすごい印象に残っています」と笑いながら振り返った。


原作は作家Fによる初の小説。“平凡で退屈な日々を送る青年が自分自身と東京を破壊するまでの夜と恋と戦争”を描いた物語となる。主人公の無気力な大学生“私”を永瀬、主人公が思いを寄せる凛々しく聡明な“先輩”を池田、謎の男“黒服”を柄本が演じている。


この日は会場に約30人の大学生を招き、悩みを募集。2人による相談コーナーが展開された。「相談することもないし、されることもたまにしかない」という永瀬。「キンプリのメンバーからは相談される?」と聞かれると、「キンプリってそういうタイプじゃない。年もとってきたので自己完結というのが多いのかな。(髙橋)海人くらいですかね。でも相談内容はちょっと覚えてないですね。忘れちゃいました(笑)。そのくらい前のこと」と語った。


ファンから「就活生だけど自分のやりたいことがわからない」という悩みが寄せられると、永瀬は「やりたいことはなかなか見つからないもの。俺も事務所に入ったのも親に入れられたからで、やる気がなくて途中で帰っていた。ジャニさんが僕の立ち位置を前のほうにするけど『なんでだろう?』と思っていた」といい、仕事にやりがいを感じたのは「事務所に入ってから3年くらいかかった。当時は中3」と告白。「人生まだまだ長いからとりあえず入ってみるのもあり。俺は、自分が1番楽しむってことを重きにしているので気楽にね」とアドバイスした。


続けて「1度振られた相手を振り向かせるべきか」と恋愛相談が出ると「イケイケ!」と背中を押し、「グループで遊んでみてその人が改めて好きと思ったらもう一回2人だけで遊びにいって話す回数を増やす。勇気を出してデートのお誘いをしてみたらいい」と提案した。



最後に永瀬は“青春時代のあがき”について、「あがく上で傷ついたり悩んだりすることが多々ある。傷ついたことは今後人生において人として厚くなる気がする。人間味が増すというか。失敗の経験をしたからこそ踏ん張れる力がつく。若いうちに失敗して色んな後悔をしたほうが、人として成長できる。どんどんあがいて失敗するべき」と青春を謳歌している学生に向けてメッセージを送った。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 15件)