長澤まさみら出演『コンフィデンスマンJP 英雄編』公開記念、dTVで『ロマンス編』配信開始

映画・舞台 公開日:2022/01/14 10
この記事を
クリップ

2018年に「月9」枠にて放送されたテレビドラマ『コンフィデンスマンJP』。1月14日の劇場版第3弾『コンフィデンスマンJP 英雄編』の公開を記念して、映像配信サービスdTVで劇場版第1弾『コンフィデンスマンJP ロマンス編』の配信がスタートした。




物語の主人公は、欲にまみれた悪徳大富豪たちを巧みに騙し、大金をせしめるコンフィデンスマン=信用詐欺師。長澤まさみが演じるお金とスリルが大好きな凄腕詐欺師・ダー子、東出昌大が演じる小心者の若手詐欺師・ボクちゃん、小日向文世が演じる一見温和なベテラン詐欺師・リチャードの3人が、さまざまなターゲットを相手に華麗なるコン・ゲームを繰り広げる。


『ロマンス編』で、ダー子たちがターゲットにしたのは竹内結子が演じる香港マフィアの女帝=ラン・リウ。彼女が持つという伝説のパープルダイヤを狙って香港に向かったダー子らの前に、三浦春馬が演じる天才詐欺師・ジェシーが立ちはだかる。さらに、江口洋介が演じるヤクザ・赤星が連続ドラマに引き続き登場し、復讐を画策。騙し騙されの三つ巴の戦いを制するのは誰なのか。


どこまでが真実なのか、最後にすべてが明かされるまで絶対に読めない緻密なシナリオを手掛けるのは、第29回日本アカデミー賞で最優秀脚本賞を受賞した映画『ALWAYS 三丁目の夕日』をはじめ、『リーガルハイ』などの話題作を送り出してきた古沢良太。


そして、その緻密なシナリオのもと、愛すべき詐欺師に扮した長澤まさみの痛快なコメディエンヌっぷりは必見。大胆な変装やはっちゃけた芝居、一転してシリアスモードなラブストーリーまでこなし、視聴者をも掌で転がす変幻自在のダー子を魅力的に演じている。


dTVでは、『コンフィデンスマンJP ロマンス編』のほか、劇場版第3弾に繋がる劇場版第2弾『コンフィデンスマンJP プリンセス編』もレンタル配信中。それぞれ単独でも楽しめるのはもちろん、すべての作品に伏線が張り巡らされているのも今シリーズのおもしろいところ。ぜひ、この機会にシリーズをイッキ見してみてはいかがだろう。


『コンフィデンスマンJP ロマンス編』:(C)2019「コンフィデンスマンJP」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。