SixTONES、スパイダーマンにお株を奪われる!?「ジャニーズらしいことしないで」

映画・舞台 公開日:2022/01/08 15
この記事を
クリップ

マーベルファンという京本大我は、作品を鑑賞して「大満足!いままでたくさんマーベル作品を観てきたけど、今回の作品がまた1つでかい波。伝説的な瞬間が刻まれている。観た日にフィギュアを買いました」とうれしそうに明かした。


「(ヒロインの)MJ役のジェシーです」とボケたジェシーは、「トム・ホランドかっこいいですね。裏でも優しくて」と出演者になりきり、「トムさんは1996年6月1日生まれ。僕と同い年で誕生日も近い。ここから仲良くなれたらいい」とにっこり。また「僕たちもスパイダーマンのように6人の糸が切れないように日本中、世界中を飛び回っていきたい。ぜひスパイダーマンとSixTONESの応援のほどよろしくお願いします」と語り、最後にクモの糸を出すポーズ。田中が「すいません、ファニーなやつなんで」とフォローしていた。


舞台あいさつの最後にはスパイダーマンも登場。バク転など見事なアクロバットを披露すると会場から拍手が。SixTONESも「すげぇ!かっこいい!」と見とれながらも、「ジャニーズらしいことしないでください」「ジャニーズより全然すごい(笑)」とお株を奪われ大慌てだった。


同作はトム・ホランド主演の『スパイダーマン』シリーズ最新作。2017年・2019年から続く三部作の完結編となる。開かれたマルチバースの扉から過去シリーズのヴィラン達が襲来し、スパイダーマンに最大の危機が訪れるというストーリーが展開される。


関連記事


2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)