永瀬廉『真夜中乙女戦争』舞台裏での親密2ショット 出番終了後も猫のクランクアップ待つ

映画・舞台 公開日:2021/12/28 12
この記事を
クリップ

2022年1月21日(金)より全国公開となる、永瀬廉主演の映画『真夜中乙女戦争』。このたび、本作の撮影中に捉えたキャスト陣の“忘れられない夜”を収めたフィルム写真が解禁となった。



本作は10代・20代を中心に圧倒的支持を受け、Amazonでは総合カテゴリでベストセラー1位を獲得した作家Fの初の小説『真夜中乙女戦争』が原作。著書累計部数は60万部を超える新鋭作家による、“平凡で退屈な日々を送る青年が自分自身と東京を破壊するまでの夜と恋と戦争”を描いた物語が、豪華キャストスタッフにより待望の映画化となった。


主人公・無気力な大学生“私”を演じるのは、大人気グループKing & Princeのメンバーとして活躍しながら俳優としても目覚ましい活躍をみせる永瀬廉。映画『弱虫ペダル』では第44回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』では主人公・永浦百音の幼馴染・及川亮役を好演、2022年1月8日(土)より放送のNHK土曜ドラマ『わげもん~長崎通訳異聞~』で主演を務める永瀬が、鬱屈とした想いと破壊衝動を内に秘めたこれまでにないダークな役柄で俳優としての新境地を魅せる。


主人公が恋心を抱く、「かくれんぼ同好会」で出会った凛々しく聡明な“先輩”役を、映画『騙し絵の牙』、『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』など多数の映画に出演、現在放送中のNHKよるドラマ『古見さんは、コミュ症です。』のほか、幅広い分野でマルチな才能を発揮する女優の池田エライザが演じ、しなやかで美しくもミステリアスなヒロイン“先輩”を見事に体現。一連の騒動を首謀する謎の男“黒服”役を、数多くのドラマや映画に出演し、フジテレビ系列1月期放送のドラマ『ドクターホワイト』や来春公開の映画『ハケンアニメ!』が待たれる俳優・柄本佑が演じ、圧倒的なカリスマ性をもつヒール役で重厚な存在感を見せ異才を放つ。


そして、『チワワちゃん』『とんかつDJアゲ太郎』など話題作を手掛ける、二宮健が脚本・監督を務める。さらに主題歌は、史上最年少でグラミー賞の主要4部門に加え7冠の快挙を成し遂げた世界的人気を誇るビリー・アイリッシュの今年7月に発売されたニュー・アルバムの表題曲『Happier Than Ever』に決定した。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 4件)