神木隆之介 松村北斗 玉城ティナ、制服姿で笑い合う『ホリック xxxHOLiC』新映像

映画・舞台 公開日:2021/12/20 16
この記事を
クリップ

2022年4月29日(金・祝)に公開となる映画『ホリック xxxHOLiC』(監督:蜷川実花)から、初披露となる本編カットやメイキングを盛り込んだ、劇場幕間映像がWEB解禁となった。


原作は、累計1400万部を突破している創作集団・CLAMPの伝説的大ヒットコミック。『ヘルタースケルター』『Dinerダイナー』の蜷川実花監督が、艶やかで華やかな圧巻ビジュアルで、今回初の実写映画化に挑む。


人の心の闇に寄り憑く“アヤカシ”が視えてしまう孤独な高校生・四月一日(ワタヌキ)。その能力を消し去り普通の生活を送りたいと願う四月一日は、ある日、一羽の蝶に導かれ、不思議な【ミセ】にたどり着く。「どんな願いも叶えてあげる。ただし、それに見合う対価をいただく」。妖しく美しい【ミセ】の女主人・侑子(ユウコ)は、四月一日の願いを叶えるために、彼の“一番大切なもの”を差し出すように囁くのだがーーー。


今回解禁される映像は、先日解禁された特報映像にはない新たに公開となる本編映像に加え、撮影中のメイキングがふんだんに盛り込まれた、ファン必見の特別仕様。


四月一日を演じた神木隆之介や侑子を演じた柴咲コウが、妖しく豪華に彩られた【ミセ】のセット内で蜷川監督から直接演出を受けている様子や、神木、松村、玉城の同級生3人組が制服姿で和気あいあいと本当の同級生のように笑い合う様子、撮影オールアップの際の集合カットなど、ここでしか見ることができない現場での様子が公開されている。更に、神木、柴咲、監督本人によるインタビューも使用され、「実花さんの脳内を完全に再現したい」「夢の世界のような一幕でしたね」のコメントの通り、CLAMPが生み出した妖しく美しい世界観が、蜷川監督の手によって圧倒的映像美で映画として昇華されている様子が見てとれる。


映像の最後には、神木からの「お願いします!」メッセージもあり、今後解禁される情報からも目が離せない仕上がりとなっている。


▼映画『ホリック xxxHOLiC』劇場幕間映像(メイキング&コメント編)



■映画『ホリックxxxHOLiC』
2022年4月29日(金・祝)全国
【出演】
神木隆之介、柴咲コウ、松村北斗玉城ティナDAOKOモトーラ世理奈
【監督】
蜷川実花
【配給】
松竹、アスミック・エース
【原作】
CLAMP『xxxHOLiC』(講談社『ヤングマガジン』連載)
【音楽】
渋谷慶一郎

©2022映画「ホリック」製作委員会 ⓒCLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD./講談社



※本記事は掲載時点の情報です。