中井貴一×松山ケンイチ 演技の掛け合いも見どころ 『大河への道』特報映像解禁

映画・舞台 公開日:2021/12/20 9
この記事を
クリップ

「落語を超えた究極の話芸」と絶賛される立川志の輔の創作落語を映画化。中井貴一松山ケンイチ北川景子といった豪華キャスト陣の一人二役で贈る、〈歴史発見〉エンタテインメント『大河への道』の特報映像が解禁された。




大河ドラマ『伊能忠敬』を実現させようとしたら…。驚くべき秘密を知ってしまった!千葉県香取市。市役所の観光事業として、初めて日本地図を作った郷土の偉人「伊能忠敬」を描く大河ドラマの開発プロジェクトが立ち上がる。総務課主任・池本(中井貴一)は、ひょんなことから観光課の課長・小林(北川景子)によって開発担当に任命される。池本はお調子者の部下・木下(松山ケンイチ)と共に、今は引退したという噂の大物脚本家・加藤(橋爪功)をなんとか口説いて脚本の執筆を依頼するが、思いもよらぬ発見が加藤から池本に伝えられる。日本地図を完成させたのは、伊能忠敬ではないというのだ。


舞台は200年前へ。江戸下町の伊能忠敬邸では、天文学者の高橋景保(中井貴一)と助手の又吉(松山ケンイチ)、日本地図完成を目指す忠敬の測量隊(和田正人、田中美央、溝口琢矢平田満)、下女のトヨ(岸井ゆきの)、そして伊能のかつての妻・エイ(北川景子)によって、驚くべき隠密作戦が決行されようとしていた…。はたして200年前の江戸時代に何が起こるのか。これまで隠されてきた、日本史の常識をも覆す秘密とは。そしてタイトル『大河への道』と共に現れる、大人数がひれ伏す大広間のシーンが意味するものとは。この先の展開に期待が高まらずにはいられない特報映像が完成した。


中井貴一と松山ケンイチは2012年に放送された大河ドラマ『平清盛』(松山ケンイチが主人公である平清盛、中井貴一が清盛の父である平忠盛を演じた)以来の共演となる。映画『大河への道』では市役所総務課の上司と部下の関係。松山ケンイチは中井貴一との共演について「投げた球を全部キャッチしてくださる方で、ものすごく信頼をしています。緊張しないで、自分の地続きで、地に足がついたままで演技ができるのは中井貴一さんしかいないです」と語るように、名優二人の演技の掛け合いを存分に楽しめる本作の、ほんの一部分が特報のラストで垣間見られる。


市役所職員たちと大物脚本家が「伊能忠敬の大河ドラマ」実現を目指して四苦八苦する様をコミカルに観せる〈令和の現代劇〉から、伊能忠敬の日本地図完成に隠された驚くべき感動秘話を描く〈江戸の時代劇〉へ。日本史の常識を覆す〈歴史発見〉エンタテインメント『大河への道』。続報に期待が高まる。


▼特報映像



【STORY】

現代→1821年〈初の日本地図完成〉→1818年〈伊能忠敬亡くなる〉!?千葉県香取市役所では、観光促進として地元を盛り上げるために、“大河ドラマ”の開発プロジェクトが立ち上がる。主人公は伊能忠敬!そう、あの初めて日本地図を作ったことで有名な、郷土の偉人である。しかし、その脚本作りの最中に、彼らはある驚くべき事実を発見してしまう。

なんと伊能忠敬は、地図完成の3年前に亡くなっていたのだ!「伊能忠敬はドラマにならない。地図を完成させてないんだ!」「え、じゃあ、誰が?」舞台は江戸の下町へ――。弟子たちに見守られ、伊能忠敬は日本地図の完成を見ることなく亡くなった。動かぬ師をすすり泣く声が覆う中、ある人物が静かに口を開く。「では、今しばらく先生には、生きていていただきましょうか・・・」忠敬の志を継いで地図を完成させるために、弟子たちによる一世一代の隠密作戦が動き出す。そこには、歴史に埋もれた、涙なしには語れない感動のドラマがあった−。


■映画『大河への道』

2022年5月20日(金)全国公開
出演:中井貴一 松山ケンイチ 北川景子
岸井ゆきの 和田正人 田中美央 溝口琢矢
立川志の輔 西村まさ彦 平田満 草刈正雄 橋爪功
原作:立川志の輔『伊能忠敬物語−大河への道−』(2022年1月5日よりPARCO劇場にて再演/漫画版:小学館ビッグコミックオリジナル増刊号にて連載中)
配給:松竹

©2022「大河への道」フィルムパートナーズ

※本記事は掲載時点の情報です。