赤楚衛二、窪田正孝&宮沢りえとの初共演に緊張も「“若者らしさ”を全面に」

映画・舞台 公開日:2021/12/13 25
この記事を
クリップ

俳優の赤楚衛二が13日、都内にて開催された映画決戦は日曜日』完成披露試写会に、窪田正孝宮沢りえ内田慈小市慢太郎音尾琢真、坂下雄一郎監督と共に出席した。


本作は、ユーモアと皮肉に満ちた新時代ポリティカルコメディ。主演の窪田が事なかれ主義の議員秘書・谷村勉を、政界に無知な熱意空回り候補者・川島有美を宮沢が演じ、赤楚は議員秘書・岩渕勇気役で出演する。


赤楚は「脚本を読ませていただいて、本当にユーモアが効いていてすごく笑っていたんですけど、読み終わった後に『やっぱり考えることが大事なんだな』とすごく考えさせられました」と回顧。続けて「撮影現場も本当に楽しくて、あっという間の2週間でした」と撮影期間を振り返った。



また窪田・宮沢との初共演について「めちゃくちゃ緊張した」とコメント。しかし、坂下監督から言われたという「若者代表としていてほしい」との言葉を受け、「“若者らしさ”を全面に出していこうかな、と頑張りました」と打ち明けた。


本作では事務所のシーンと選挙のシーンの温度差が印象的だったそう。「秘書の事務所のシーンだと本当にまったりとした空気感で、ゆるい感じで『このまま選挙始まるのかー』っていうところから、選挙が始まったときのエネルギーの強さっていうのが体中にビシバシと肌で伝わりました」と語った。


イベントでは窪田が、宮沢を「パワースポット」と称し笑いを誘う一幕も。窪田は「こんなにエネルギーの集合体のような人に僕は会ったことがない」として、「一緒にいて話していると治癒されていくんですよね。有美さんの役を通して、りえさんのエネルギーをいつも僕が一番近くでダイレクトにもらっていた」と楽しそうに思い返していた。


映画『決戦は日曜日』は、2022年1月7日(金)より全国公開。

配給:クロックワークス

©2021「決戦は日曜日」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 50件)