杉野遥亮が浜辺美波と恋人役に、映画『やがて海へと届く』追加キャスト&場面写真解禁

映画・舞台 公開日:2021/12/13 10
この記事を
クリップ

主演に岸井ゆきの(『愛がなんだ』)、出演に浜辺美波(『映画 賭ケグルイ』)を迎え、2022年春に公開される中川龍太郎監督(『わたしは光をにぎっている』)の最新作『やがて海へと届く』。このたび、追加キャストが解禁となり、場面写真が到着した。



本作は、彩瀬まるによる同名小説『やがて海へと届く』(講談社文庫)の映画化。突然いなくなった親友を想いつづける主人公が、深い悲しみを抱えながらも前に踏み出そうとする姿を見つめる物語。

【詳細】映画『やがて海へと届く』岸井ゆきの・浜辺美波が親友役


今回解禁された追加キャストは、岸井ゆきの演じる主人公・真奈が、大学時代からの12年間で出会う6人。


浜辺美波演じるすみれの恋人・遠野を演じるのは、現在放送中のドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』(NTV)やAmazon Prime Videoで先行配信中『僕の姉ちゃん』などに出演し、テレビ・CMで大ブレイク中の杉野遥亮。浜辺美波と杉野遥亮、人気俳優2人の共演が恋人役として本作で実現した。

【関連】『恋です!』なんていい顔するの…杉野遥亮が魅せる独特のピュア感と素直さ


真奈の同僚・国木田を演じるのは、『ワンダーウォール 劇場版』(20/前田悠希監督)、『花束みたいな恋をした』(21/土井裕泰監督)など話題作への出演が続く中崎敏


また、すみれの母親・志都香を鶴田真由、東北で民宿を営む幸栄を中嶋朋子が演じるなど、実力派キャストが脇を固めた。さらに、幸栄の娘を演じるのは、アイドルグループ・さくら学院を卒業し、来年1月29日よりユーロスペースにて公開予定『麻希のいる世界』(塩田明彦監督)で映画初主演を務める新谷ゆづみ。そして、真奈の上司・楢原を『わたしは光をにぎっている』など中川龍太郎監督作常連の光石研が演じる。


あわせて今回、追加キャストの場面写真が到着。

真奈やすみれを囲む人々の姿が見て取れる。


【画像】追加キャストの場面写真をもっと見る


■映画『やがて海へと届く』
2022年春公開
【出演】
岸井ゆきの 浜辺美波 
杉野遥亮 中崎敏 
鶴田真由 中嶋朋子 新谷ゆづみ / 光石研
【監督・脚本】中川龍太郎
【原作】彩瀬まる『やがて海へと届く』(講談社文庫)

©2022 映画「やがて海へと届く」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)