舞台『PERSONA5 the Stage #3』石塚朱莉&菅原りこ、立ち回り難しい「全身筋肉痛です」

映画・舞台 公開日:2021/12/06 32
この記事を
クリップ

『ペルソナ5』の舞台化第3弾となる『PERSONA5 the Stage #3』が12月10日(金)からメルパルクホール大阪で開幕。これまでアニメ化やコミカライズなどさまざまなメディア展開が行われている『ペルソナ5』。


悪しき欲望から人々を救うため、“心の怪盗団”となった登場人物たちが腐った大人たちを改心させていく。そこで今回、新島真と奥村春を演じる石塚朱莉菅原りこに直撃。稽古真っただ中の2人に自身の演じるキャラクターや稽古中のエピソードなどを聞いた。


最初に『PERSONA5 the Stage #3』への出演が決まったときの感想からお願いします。

石塚

実は元々原作ゲームの『ペルソナ5』をプレイしていて、さらに新しく発売された『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』は2周目をやるぐらい好きなゲームなんです。『ペルソナ6』はいつごろ出るんだろうなぁと、のほほ~んとしていたときに舞台出演のお話をいただいたので、とても驚きました


菅原

私はゲーム作品を原作にした舞台に携わることが初めてだったので、オファーがあったときは驚いて変なリアクションを取ってしまったことを覚えています


今回、お2人が演じる新島真と奥村春はどのようなキャラクターですか?

石塚

真さんは責任感がとても強い学園の生徒会長です。ただ、仲間たちを守ろうとする思いが強すぎて、ちょっとやり過ぎてしまうこともあるような女の子。私的には、ゲームにあったお化けを怖がる真さんが愛おしくて、放っておけないキャラクターでもあります


菅原

春ちゃんは大企業の社長令嬢なので、ちょっと世間知らずなところがある女の子です。でも、お転婆で抜けているところもあって、脚本を読んだ後、とても大好きになりました。怪盗になったときの衣装も、とても可愛いので舞台の上で、早くみなさんにお見せしたいです」


そんな怪盗の衣装はというと?

石塚

真さんの持っている武器は”拳”で、さすが“世紀末覇者先輩”という衣装(笑)。ゲームで海水浴のシーンがあって、真さんが体のラインを気にしてご飯を食べないというエピソードがあるんです。だから私も役作りのため、今、必死に筋トレをしています!


菅原

すごい!


石塚

プランクっていう筋トレ法があるんですけど、最初は30秒でハァハァ息切れをしていたのに、今は2分以上続けても大丈夫になりました


菅原

春ちゃんの怪盗Ver.の衣装はとても凛々しいんです。ビジュアル撮影のときは、武器の斧を持った撮影もしました。


石塚

そういえば、怪盗Ver.の衣装で帽子を被っているのって、ノワール(奥村春のコードネーム)だけかな?


菅原

あっ、そうかもしれません。あの帽子についている黒い羽根は意外に重いんですよ(笑)

稽古が始まって、お互いの印象はというと?

石塚

アイドル時代、私たち同じコンサートに出ているはずなんです。でも、ちゃんとお話ししたのは今回が初めてで。りこちゃんは見た目も話し方も優しくて、私の話にも合わせてくれて本当に可愛い子だなと思います。舞台の稽古が始まってから、大好きになりました!


菅原

本当ですか? うれしいです。石塚さんはクールビューティでキレイなお姉さんというイメージがあったんです。お嬢様みたいな方だったので、私から話しかけてもいいのかなとも思っていて。そうしたらビジュアル撮影のとき、とても優しく話しかけてくださったので、私も大好きになりました!


稽古で苦労されていることはありますか?

石塚

ゲームを300時間ぐらいやっているので、どうしても心が主人公に寄ってしまうことがあって。まず、真さんになりきることが大変でした。あとは初めてのアクション。相手と呼吸を合わせてやらなければいけないので、稽古では緊迫した空気の中、頑張っています。今は全身筋肉痛で階段を降りるときも、“うぅっ!”ってうなりながら降りている状態です(笑)


菅原

やっぱり難しいのは舞台上での立ち回り。キャラクターは少しずつ、つかめているので、みなさんからアドバイスをいただきながら練習に励んでいます。稽古では毎回新しいことを吸収しているので、みなさんの動きを見つつ、勉強させていただいています


石塚

でも、休憩中はみんなふざけあったりコミュニケーションを取って、怪盗団がいたらこういうメンバーのことを言うんだろうなって思うぐらい、とてもいい空気の現場です


菅原

本当にそうですね。私、基本人見知りなんですけど、この現場では人見知りせず、最初から参加することができました。稽古中も休憩中も、とっても楽しいです


ちなみに、これまで舞台の本番でセリフが飛んでしまった経験はありますか?

石塚

あります。そのときは勢いよくセリフを言う場面だったんですけど、セリフが飛んでしまって。とっさに落ち着いた雰囲気でセリフをごまかして、演技プランを変えたふりをして繋ぎました(笑)。でも内心は焦りまくり。汗がじわぁ~っと出てきたことを今でもよく覚えています


菅原

そういうときって、冷や汗がでますよね(笑)


石塚

うん。りこちゃんは?


菅原

私は怒る場面で冷たく言わなきゃいけないセリフを優しく言ってしまって。もう、冷や汗が出まくりでした(笑)


最後に舞台を見に来てくださるファンの方たちにメッセージをお願いします。

菅原
ぜひ『ペルソナ5』の世界観を一緒に感じていただければと思います。可愛い春ちゃんと、戦うカッコイイ春ちゃんのギャップを楽しみに待っていてください!


石塚

『ペルソナ5』ならではのスピード感やエネルギッシュさが満載の舞台になっています。劇場では予告状という名のチケットをお持ち頂いた方々の心を頂戴いたします。覚悟していてください! 心の怪盗団より!


<公演情報>

タイトル 「PERSONA5 the Stage #3」

原作:「ペルソナ5」(アトラス)

脚本・演出・舞台音楽作詞:西森英行

音楽:目黒将司、小西利樹(アトラス)

舞台音楽:小林哲也、喜多條敦志(アトラス)

編曲:小林哲也

舞台音楽監修:喜多條敦志(アトラス)

ほか


■公演日程

【大阪】 メルパルクホール大阪   2021年12月10日(金)〜12月12日(日)

【横浜】 KT Zepp Yokohama 2021年12月16日(木)〜12月19日(日)


■キャスト

主人公:猪野広樹/坂本竜司:塩田康平 高巻杏:御寺ゆき 喜多川祐介:松島勇之介 新島真:石塚朱莉

佐倉双葉:福田愛依 奥村春:菅原りこ/三島由輝:田村升吾/明智吾郎:佐々木喜英 新島冴:茉莉邑薫

奥村邦和:松本寛也/佐倉惣治郎:森山栄治/校長:山岸拓生(映像出演)/モルガナ:大谷育江(声の出演)

アンサンブルキャスト:

菅原健志 坂本和基 佐々木駿也 御林杏夏 轟大輝 山下朱梨 山田隼人 神谷春樹 山﨑紫生 大野匠


■チケット

チケット料金 プレミアム:12,800円(非売品特典付き) /一般:9,800円

※非売品特典グッズは当日、劇場にてプレゼント致します。

ローソンチケット:https://l-tike.com/p5-s/(外部サイト)


■公式サイト:https://p5-the-stage.jp/(外部サイト)

■公式Twitter:@p5_the_stage


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 19件)