映画『ホリック xxxHOLiC』特報解禁、”マル”・”モロ”演じる追加キャストも発表

映画・舞台 公開日:2021/12/06 17
この記事を
クリップ

2022年4月29日(金・祝)に公開となる映画『ホリック xxxHOLiC』(監督:蜷川実花)。このたび、企画発表、追加キャスト発表に続く、3週連続情報解禁の第3弾として、特報映像、追加キャスト、音楽担当、蜷川監督による撮りおろし特写が解禁された。



原作は、累計1400万部を突破している創作集団・CLAMPの伝説的大ヒットコミック。『ヘルタースケルター』『Dinerダイナー』の蜷川実花監督が、艶やかで華やかな圧巻ビジュアルで、今回初の実写映画化に挑む。


人の心の闇に寄り憑く“アヤカシ”が視えてしまう孤独な高校生・四月一日(ワタヌキ)。その能力を消し去り普通の生活を送りたいと願う四月一日は、ある日、一羽の蝶に導かれ、不思議な【ミセ】にたどり着く。「どんな願いも叶えてあげる。ただし、それに見合う対価をいただく」。妖しく美しい【ミセ】の女主人・侑子(ユウコ)は、四月一日の願いを叶えるために、彼の“一番大切なもの”を差し出すように囁くのだがーーー?!


2週連続でキャスト情報を解禁し、蜷川監督ならではの妖しくも美しいビジュアルで再現された伝説的コミック『xxxHOLiC』の世界が大きな話題を呼んでいる本作。今回、その本編映像が、遂に30秒の特報映像として初お披露目された。

【関連】SixTONES 松村北斗&玉城ティナ『ホリック xxxHOLiC』出演、蜷川組ならでは“全員主演級”


映像内では、人の心の闇に寄り憑くアヤカシが視えることで孤独に生きてきた高校生・四月一日(神木隆之介)が、対価と引き換えにどんな願いも叶えてくれる【ミセ】(店)に迷い込み、ミセの女主人・侑子(柴咲コウ)と出会うことで、不思議な運命に足を踏み入れていく様子が描かれている。さらに、四月一日の同級生で、アヤカシを祓う者・百目鬼(ドウメキ/松村北斗)、同じく四月一日の同級生でアヤカシに憑かれる者・ひまわり(玉城ティナ)も登場。VFXで表現された“アヤカシ”の様子や、炎の中“アヤカシ”に向かって弓を構える百目鬼、幻想的かつエキゾチックな【ミセ】のビジュアルなど、まさに、“究極の新体感ビジュアルファンタジー”の名にふさわしい、艶やかで魅惑的な映像が満載となっている。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)