新垣結衣&神木隆之介出演『おばけずかん』映画化、城桧吏「山崎監督と一緒に一樹を作り上げました」

映画・舞台 公開日:2021/11/29 10
この記事を
クリップ

来夏公開する山崎貴監督待望の最新作『GHOSTBOOK おばけずかん』に、新垣結衣神木隆之介が出演する。




『おばけずかん』とは

『ALWAYS 三丁目の夕日』で懐かしい昭和の風景を、『DESTINY 鎌倉ものがたり』で妖しくも美しい黄泉の国を圧倒的なVFXで映像化して観るもの全ての心を奪った、日本を代表する映画監督・山崎貴の最新作が2022年7月22日(金)に公開されることが決定。山崎監督が最新作の題材に選んだのは、「大人が知らないベストセラー」として知られ、全国の小学校の図書室で人気でなかなか借りられないという、『おばけずかん』シリーズ(講談社)。日常に潜むおばけと出会ってしまった時に「でも、大丈夫!」と思える対処法を教えてくれる原作を、果たして山崎監督はどのように実写映画化するのか。デビュー作『ジュブナイル』(2000年)から20年を経て、山崎監督が自身の原点となったテーマに再び挑む。


“どんな願い事も叶えてくれる一冊の本=おばけずかん”を手に入れた子供たちを待ち受ける、数々の試練、新たな出会い、そして別れ――。圧倒的なVFXで映像化された「ゴーストブックの世界」を舞台に繰り広げられる手に汗握る冒険と、子供たちの成長物語。山崎監督がどうしても映画化したかった、まだ誰も観たことのない究極の異世界冒険ファンタジー『GHOSTBOOK おばけずかん』に期待が高まる。


主人公は子供たち4人

本作の主人公となるのは、総勢500人以上の中からオーディションで選ばれた運命の子供たち4人。「おばけずかん」を手に入れたことで、おばけの住む不思議な世界へと迷い込んでしまう少年・一樹(いつき)を演じるのは、2018年にはカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した是枝裕和監督の『万引き家族』にて、主人公一家の息子役をオーディションで勝ち取って大きな注目を集めた城桧吏(じょう かいり)。昨年には、実写映画『約束のネバーランド』や『都会のトム&ソーヤ』など、話題作への出演も相次いでいる城が、気弱だが、願いごとを叶えるためにあきらめずに奮闘するまっすぐな少年を瑞々しく演じる。


また、一樹と共に不思議な世界へ迷い込んでしまう仲間の一人である少年・太一(たいち)を演じるのは、2020年にドラマ『テセウスの船』で主人公を翻弄する少年を演じ、その鬼気迫る演技が一躍話題となった柴崎楓雅(しばさき ふうが)。その他にも数々の作品で、独特の存在感と高い演技力を遺憾なく発揮してきた柴崎が、本作ではオールマイティーだが、大人に心を許していない毒舌な少年を演じる。


もう一人の仲間・サニーを演じるのは、本作が映画デビューでありながら、友達にも近所のお年寄りにも愛される少年を見事に演じ切ったサニーマックレンドン。さらに、不思議な世界で一樹たちが再会する同級生の女の子・湊役は、同じく本作が映画デビューとなる吉村文香(よしむら あやか)。二人は初演技ながら山崎監督に見出され、今回の役に大抜擢!おばけに立ち向かう子供たちを体当たりで演じ切った。


そして、一樹たちが通う学校に代理の先生としてやってきた教師・瑤子(ようこ)先生を演じるのは、『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命‐』や『リーガル・ハイ』『逃げるは恥だが役に立つ』など多くの作品で様々な役を演じ分け、人々の心を掴み続ける新垣結衣。本作では、軽い気持ちで担任になったものの、ひょんなことから一樹たちと共に不思議な世界へと迷い込んでしまう先生を茶目っ気たっぷりに演じる。新垣は映画『BALLAD 名もなき恋のうた』(2009年)以来、2度目の山崎監督作品への出演となる。


さらに、子供たちが「おばけずかん」を手に入れるために訪れた古本屋で出会う謎の店主として、弱冠28歳にして25年以上のキャリアを誇る、実力派俳優・神木隆之介が出演。2005年に『妖怪大戦争』で、同年の日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞し、その後も『桐島、部活やめるってよ』『フォルトゥナの瞳』などの繊細な表現が求められる演技から、『るろうに剣心』『バクマン。』といった人気漫画の実写化作品まで、幅広い作品に出演し、その演技力の高さと突出した安定感から日本のドラマ・映画界に欠かせない存在の神木が、今をときめく新進気鋭の子供たちを役柄でも演技面でも見守る。


また、今回のキャスト解禁に合わせて、ティザービジュアルとティザー映像も公開。ティザービジュアルは、月夜の下、白い布を被ったおばけが「おばけずかん」に手をかけて「その本を開いてはいけない―」という言葉を投げかけてくる、思わず引き寄せられてしまうような魅惑的なビジュアルとなっている。同じく解禁となったティザー映像では、「おばけずかん」を開いたことで巻き起こる摩訶不思議な出来事が次々と登場。山崎監督の代名詞とも言えるVFXを駆使し、自在に動いて次々に姿を変える家や、学校から立ち上る巨大な空間に向かう一樹たちといった迫力のある映像がふんだんに使用されている。


そんな中、傷だらけの姿で「ここは現実の世界?」と呟く瑤子先生や、「ずかんの試練、自力で乗り越えないとな」という意味深な言葉をつぶやく店主の姿など、今後の展開が気になること間違いなしの映像だ。そして、本映像のナレーションを担当するのは、古本屋の店主役・神木隆之介。『千と千尋の神隠し』『君の名は。』など、アニメーション作品での声の出演でも多くの実績を誇る神木が、ナレーションとしても、魅力たっぷりに本作の世界観へと誘う。おばけずかんを手に入れた子供たちは願いを叶えて、運命を変えることはできるのか。それとも――。2022年夏、禁断の「ゴーストブックの世界」の扉が開く――。


城桧吏らコメント

<城桧吏(坂本一樹役) コメント>

【一歩を踏み出す勇気がもてない、友達想いの少年】

初めて山崎監督の作品に出演することが決まって、とても緊張していたのですが、監督や周りのスタッフの方々が、とても優しく話しかけてくれて毎日が楽しい撮影でした!共演者のみんなとも、撮影の合間に読み合わせをしたり、ここのシーンをどう動くのかなどを一緒に考えたりもしました。クランクアップの時に新垣結衣さんが1人ずつお手紙を書いて下さって、とても素敵で優しい方だと感じました。この作品で僕が演じた、一樹というキャラクターは、怖がりで頼りないところがありますが、優しくて友達思いだなという印象を受けました。一つ一つのシーン、どのように表現するかを考えながら山崎監督と一緒に一樹を作り上げました!公開がとても楽しみです!


<柴崎楓雅(工藤太一役) コメント>

【大人に心を開かない、何でもできちゃう少年】

僕の演じた太一は大人のことは信用せず反抗的で言葉遣いは荒っぽいですが、どんな困難にも立ち向かっていく、誰よりも友達思いな男の子なので、一生懸命さが全力で出せたらと思い演じました。新垣さんは撮影の待ち時間などでもお芝居のアドバイスをして下さって、普段から本当の先生のようでした。桧吏くん・サニー・文香ちゃんとはリハーサル期間から撮影まで、約4ヶ月一緒にいたので、本当の親友のように過ごせた毎日が僕の宝物です。山崎監督は空き時間も僕達と一緒にいる時間を作って下さって、お芝居のお話をしたり、一緒に遊んで下さったりと、毎日、楽しくもたくさんのことを学ぶことができました。


<サニーマックレンドン(飯田サニー宗佑役) コメント>

【クラスのムードメイカーであり、誰にでも愛される少年】

ぼくにとっては初めて経験する事ばかりで大変だったけど、とにかく毎日がとても楽しかったです。オーディションで山崎監督に初めて会った時は、少しだけ怖そうだなと思いましたが、いざ撮影が始まるととても優しくて、休憩時間でもたくさん話をしてくれたり、撮影の後でも海で水切りをして遊んでくれたりしました。

かいりくんもふうがくんもとても仲良くしてくれて、泊りがけで撮影に行った時は、毎日のように一緒にお風呂に入ったりご飯を食べたり、撮影がない日にオンラインゲームを一緒にしたりした事はとても楽しい思い出になりました。撮影期間中に自分の誕生日があり、共演者やスタッフのみなさんにサプライズでお祝いしてもらった時は本当に嬉しかったです。自分のことを映画の中で観るのは恥ずかしい気持ちもあるけど、面白くて感動もある作品なので、学校や野球の友達に観てもらいたいし、いろんな人にも観てもらえたら嬉しいです。


<吉村文香(橘湊役) コメント>

【一樹がひそかに想いを寄せる女の子】

負けず嫌いで真っ直ぐで明るい湊の、明るさをどう表現したら良いのかを常に考えていました。みんなとは、年齢が近いということもあり、お誕生日のお祝いをしたり、石投げしたり、一緒に行動する事が多かったです。撮影後、海に向かってどれだけ跳ばせるか、石投げして遊んでいたら、いつの間にか監督も混ざっていて…懐かしい思い出です。新垣さんは、いつも完璧だし、みんなのことを見守ってくださっているし、こんな女性になりたい!と思う憧れの存在です!山崎監督のほっこり温かい世界観が大好きで、そこに自分が加われた事が、未だに信じられません。最後の日は、長い時間を、支えてくださった皆さんに囲まれて、涙が止まりませんでした。緊張しながら臨んだ作品が、監督とスタッフのみなさんの手で、どのように産まれていくのか、楽しみです!


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)