古川雄大主演、日本初上演の傑作に馬場ふみから個性あふれるキャスト集結

映画・舞台 公開日:2021/11/22 7
この記事を
クリップ

古川雄大主演で上演することが決定している『シラノ・ド・ベルジュラック』のメインキャストと公演詳細をが発表された。



世界を魅了してきた傑作が日本初上陸

2022年2月に東京・東京芸術劇場 プレイハウス、大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールにて上演される本作。
『シラノ・ド・ベルジュラック』は17世紀フランスに実在した詩人にして、剣豪で、勇気のあるシラノを主人公にした、エドモン・ロスタン作の戯曲。大きな鼻のコンプレックスに悩みながらも、一人の女性を慕い続けた壮麗で高潔無比で自由な精神を持つシラノの永遠の愛の物語は、1897年に初演されて以来、世界各地で上演が繰り返され、たくさんの人を魅了してきた。


そして、2019年秋~2020年までロンドンのプレイハウス・シアターでジェイミー・ロイドの演出によって上演された際に、マーティン・クリンプによって現代的な脚色がなされ、前代未聞の全く新しい『シラノ・ド・ベルジュラック』が誕生。ローレンス・オリヴィエ賞でリバイバル賞を受賞し、世界中から絶賛された。このマーティン・クリンプ脚色版の傑作をついに日本で初めて上演する。


個性あふれるキャスト集結

美しい心を持つ英傑なシラノは、確かな演技力で話題の古川雄大が務める。今回ミュージカルの舞台から満を持して、ストレートプレイにて10年ぶりに主演を務めることになった。


美しくて理知的なロクサーヌを演じるのは、モデルをはじめ、ドラマや映画で主演を務めるなど幅広く活躍し、多彩な演技力を持つ馬場ふみか。口下手で学識のないクリスチャンを演じるのは、見る人を惹きつける確かな演技力で数々の舞台やミュージカルに出演している浜中文一。


シラノの仲間であるリニエール役には、古典から現代劇までジャンルの垣根を超えた役を演じ、柔軟な演技力が持ち味の大鶴佐助。シラノの頼りになる親友、ル・プレ役には翻訳劇から井上ひさし作品まで広く出演し、様々な演出家からの信頼も厚い実力派俳優の章平。シラノを敵対視する横暴な伯爵ド・ギーシュ役には、俳優としてだけではなく放送作家としても活躍しマルチな才能を持つ堀部圭亮。


さらに、恋するロクサーヌを支えるマダム・ラグノを演じるのは、“最後のアングラ女優”とも言われ、変幻自在な演技力でドラマや映画など多彩に活躍し、確固たる存在を確立している銀粉蝶が務める。


個性豊かなキャストが贈る、『シラノ・ド・ベルジュラック』に期待が高まる。


■『シラノ・ド・ベルジュラック』

東京公演:東京芸術劇場 プレイハウス
2022年2月7日(月)~ 2月20日(日)  ※2月7日(月)はプレビュー公演(P)
★プレビュー公演とは…稽古場での創作をお客様の前で上演し、改良や修正を加えながらさらに作品の完成度を高めるための公演です。

大阪公演:COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール
2022年2月25日(金)~2月27日(日)

<チケット>
一般発売日:12月26日(日)
チケット取り扱い:近日公開


▼関連記事

※本記事は掲載時点の情報です。