段田安則 鈴木保奈美 林遣都ら、静かな衝撃を心に残す舞台『セールスマンの死』上演決定

映画・舞台 公開日:2021/11/16 10
この記事を
クリップ

この度、2022年4月にパルコ・プロデュース2022『セールスマンの死』を、PARCO劇場で上演する事が決定した。東京を皮切りに、長野、京都、愛知、兵庫、福岡と巡演する。


本作品は、アーサー・ミラー作、エリア・カザンの演出により1949年ニューヨークで初演されてから、742回の上演という当時としては画期的なロング・ラン公演となった。トニー賞、ニューヨーク劇評家賞、ピューリッツア賞を受賞した、近代演劇の金字塔となる作品だ。


『セールスマンの死』は、ウィリーが帰宅した月曜日の深夜から自ら命を絶つ火曜日の深夜までの、わずか24時間が舞台。わずか24時間の中に、初演当時としては斬新であったフラッシュバックの手法で、ウィリーやまわりの家族の過去の記憶が巧みに織り込まれ、演劇ならではの展開をみせる。ウィリーの保険金で家のローンが完済されたことを嘆く妻の独白で終わるラストは、静かな衝撃を観る者の心に残す。

そして今回、演出家には英国有数の劇場で数々の演出作を手がけ、本作と同じくアーサー・ミラーの『プライス(対価)』が評判となり、日本では2020年にサイモン・スティーブンスの新作戯曲『FORTUNE』のワールド・プレミアを開けたショーン・ホームズが担当。日本でセンセーショナルな演出が記憶に新しいショーンと共に、新進気鋭の女性美術・衣裳デザイナー・グレース・スマートが、新たに作り上げる劇世界となっている。

主人公ウィリー役には、舞台のみならずテレビ・映画の世界で変幻自在に活躍、日本を代表する俳優となった段田安則。65歳の節目に、満を持してウィリー・ローマン役に挑む。また、ウィリーを支える妻リンダ役には、テレビ・ドラマに幅広く活躍し輝き続け、本作が25年振り2回目の本格的舞台となる鈴木保奈美。長男ビフには、テレビ・ドラマでの繊細な演技から、歌舞伎、ミュージカルなど幅広く活躍する福士誠治

次男ハッピーには、映画、TVはもちろん近年は舞台での活躍も目覚ましい林遣都。友人のチャーリーには、映像から舞台まで充実した活動を続ける鶴見辰吾。そして幻想の中に登場する兄ベンに、ドラマ・舞台・ナレーションと多岐にわたり躍進を続ける高橋克実といった豪華な顔ぶれが実現。さらに、前原滉、山岸門人、町田マリー、皆本麻帆、安宅陽子ら、TVや映画、舞台で活躍する豪華俳優陣が集結。

世界が未曽有の感染症と格闘する中、70年前に書かれた作品ながら、社会の偏向が生んだ怒れる弱者であるウィリー・ローマンとその家族、友人の姿が、大きな共感と共に観客の胸を打つ本作品に期待が高まる。


■パルコ・プロデュース2022『セールスマンの死』

東京公演:2022年4月
会場:PARCO劇場
※松本、京都、豊橋、兵庫、北九州公演あり
作=アーサー・ミラー
翻訳=広田敦郎
演出=ショーン・ホームズ
出演:段田安則 鈴木保奈美 福士誠治 林遣都 / 前原滉 山岸門人 町田マリー 皆本麻帆 安宅陽子 / 鶴見辰吾 高橋克実

※本記事は掲載時点の情報です。