池松壮亮&伊藤沙莉主演『ちょっと思い出しただけ』がTIFF観客賞、公開日も決定

映画・舞台 公開日:2021/11/09 9
この記事を
クリップ

池松壮亮伊藤沙莉が主演する映画『ちょっと思い出しただけ』。2021年10月30日(土)から10日間に渡って開催された第34回東京国際映画祭でコンペティション部門に選出され、観客賞とスペシャルメンションを受賞した。あわせて全国公開日が2022年2月11日(金・祝)に決まった。



本作は『バイプレイヤーズ〜もしも100人の名脇役が映画をつくったら〜』や『くれなずめ』と2021年も注目作が続いている松居大悟監督が手掛けるオリジナルラブストーリー。


怪我でダンサーの道を諦めた照生(てるお)とタクシードライバーの葉(よう)。2人を中心に関わる登場人物たちとの会話を通じて都会の夜に無数に輝く人生たちの機微を繊細かつユーモラスに映し出す。年に一度訪れるある1日を、現代を反映させつつ描いた松居監督独自の物語。



2021年10月30日(土)~11月8日(月)に開催された34回目を迎える東京国際映画祭(TIFF)は、日本で唯一の国際映画製作者連盟(FIAPF)公認の国際映画祭であり、今年はメイン会場を六本木ヒルズから日比谷・有楽町・銀座地区に移動して開催された。

そしてこの度、第34回東京国際映画祭コンペティション部門の、観客賞を受賞、また審査員からスペシャルメンションが授与された。


<松居大悟監督 コメント>

4回目の参加で、初めて両手に重さを感じているのがすごく嬉しいなと思います。『ちょっと思い出しただけ』という作品は、この2年くらいの世界中の苦しい時間だったり、悔しい時間だったりっていうものが”ただ悲しいってこと、嫌なことだったり”ではなく、”人と会える瞬間の嬉しさ、鮮やかさ”が愛しく思えるように、過去と今を等しく抱きしめられるように作りました。前に進んでいって欲しいという想いを込めて作ったので嬉しいです。この作品は尾崎くんの主題歌によって生まれた物語。尾崎くんが明日誕生日なので、誕生日プレゼントとして伝えられて嬉しいなと思います。映画に関わった皆さん、ありがとうございます。東京映画祭スタッフの皆様、ボランティアの皆様にも敬意を評します。これからも映画を作ります。ありがとうございました。


そして受賞と同時に、全国公開日が2022年2月11日(金・祝)に決定した。東京国際映画祭での上映で、少しずつ口コミが広が「公開まで待てない!」という声が上がる中、約3ヶ月後の公開が決定。第一報解禁から徐々に物語の全貌が明かされている本作に、引き続き注目だ。



■映画『ちょっと思い出しただけ』
2022年2月11日(金・祝)全国公開
出演:池松壮亮、伊藤沙莉、國村隼永瀬正敏尾崎世界観大関れいか屋敷裕政(ニューヨーク)、市川実和子広瀬斗史輝鈴木慶一高岡早紀郭智博安斉かれん、郭智博、細井鼓太渋川清彦松浦祐也山﨑将平
配給:東京テアトル
©2022『ちょっと思い出しただけ』製作委員会


場面写真©2022『ちょっと思い出しただけ』製作委員会
授賞式オフィシャルスチール©2021 TIFF

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 13件)