田中みな実、松村沙友理らの日常を切り取った本編映像解禁『ずっと独身でいるつもり?』

映画・舞台 公開日:2021/11/04 9
この記事を
クリップ

現代を生き抜く女性の抱える不安、寂しさ、希望をていねいに描いたおかざき真里原作『ずっと独身でいるつもり?』の映画化が決定し、2021年11月19日(金)に全国公開される。


『女子をこじらせて』の雨宮まみによるエッセイを、『サプリ』のおかざき真里が漫画にした伝説的コミックを原作とする本作。主人公を演じるのは、近年女優としても活躍の幅を広げている田中みな実。初主演となる本作では、やりがいある仕事や暮らしに充足感を得ながらも、周囲の雑音に傷つき、苦しみ、揺れる30代の独身女性を等身大で演じている。


そんなまみと同じく、自分にとっての「幸せ」をさがす女性たちを市川実和子松村沙友理徳永えりが演じ、そのほか稲葉友、松澤匠、山口紗弥加藤井隆橋爪淳筒井真理子ら豪華キャスト陣が脇を固める。『おいしい家族』『君が世界のはじまり』をはじめ、一貫して「人と人のつながり」を描いてきた気鋭の監督・ふくだももこが、主人公・まみの心情を生々しく切り取り、鮮やかなエンタメに昇華させた。

【関連】松村沙友理、監督へ涙ながらに吐露した熱い思い「納得するまでやりたかった」


そしてこの度、主人公のまみと、それぞれ違う環境に生きる3人の女性たちの日常を切り取った本編映像が一部解禁された。

一つ目の映像は、大きな熊のぬいぐるみと眠る由紀乃(市川実和子)のシーンからはじまる。だるそうに起き上がるベッドには、まみ(田中みな実)の著書「都会というサバンナで、ひとりで咲く花になろう」やPCなどが散乱している。「メイクは虚無。男だったらあと三十分は多く眠れるのに」のつぶやきと雑な朝支度。それに反して、まみは丁寧なスキンケアと整えられた鏡台。準備を終えたふたりは共通してTwitterでエゴサーチをはじめ、由紀乃は自分のつぶやきが伸びていることに満足。まみは自分に向けられた中傷めいたつぶやきを目にする―。

もう一方の映像では、美穂(松村沙友理)のブランドものに溢れた部屋からはじまる。足元には服とごみの山、「売れるときに売ってこ」という辛辣な表現も。パパ活の報酬にもらったジルスチュアートの口紅の自撮りを投稿しつつ、インスタを通して彩佳(徳永えり)のアカウントへ。丁寧な暮らし系インスタグラマーとしてフォロワーを多数抱え充実して見える彩佳も、夫の言動に伝えられない思いが募る―。

無傷では生きられない現代の女性へ贈る<わたしたちの物語>、是非その目で確かめてほしい。


■映画『ずっと独身でいるつもり?』

2021年11月19日(金)全国ロードショー
原作:おかざき真里(原案:雨宮まみ)「ずっと独身でいるつもり?」(祥伝社フィールコミックス)
出演:田中みな実 市川実和子 松村沙友理 徳永えり 稲葉友 松澤匠 / 山口紗弥加 / 藤井隆 / 橋爪淳 / 筒井真理子
企画・配給:日活

(C)2021日活


▼『ずっと独身でいるつもり?』本編映像<まみと由紀乃>


▼『ずっと独身でいるつもり?』本編映像<美穂と彩佳> 

※本記事は掲載時点の情報です。