西島秀俊、内野聖陽の紫綬褒章受賞は「恋人役としてすごくうれしい」

映画・舞台 公開日:2021/11/03 13
この記事を
クリップ

一方、山本は観客席を見渡し「直接的な皆さんからの声援はこうした機会じゃないと感じることができない」としみじみ。続けて「今日も名前を出してましたよね」とファンが持参した名前入りのボードに注目し、「ちょっと出してみて...あ勇斗くんだ。後ろは?...勇斗くんだ。勇斗かい。僕にはいないみたいですね」と自虐して笑いを誘った。

この日の観客席には磯村を応援するファンが多かったことを確認した山本は「本当にうれしいですよ。僕のパートナーをこれだけ応援してくださったら」と、劇中の関係性に絡めて発言。磯村は苦笑しつつ、「この日を迎えることができたことをすごくうれしく思います。この作品を愛して応援してくださった皆様のお陰ですし、お客さんがいて壇上に立つということがここ2年間できていなかったので、新鮮な気持ちで今すごく楽しいです」と話した。


劇中のパートナー同士で、自分だけが知っているであろう相手のマル秘エピソードを明かす場面では、内野が「西島さんはめちゃめちゃスイーツ好きなんですよね。さっきも僕のところに『紫綬褒章おめでとうございます』ってプレゼント持ってきてくださって」と楽屋でのエピソードを披露。「僕の楽屋に入ってきて、ここ(口元)になにかついてるんですよね。『西島さんドーナツ食べたでしょ!』って。当たりでしたね。それくらいこの方はスイーツ好き」と西島の口元にドーナツのかけらが付着していたことを暴露し、西島は笑いながらも肩を落としていた。



イベントの終わりには西島が「連続ドラマをやって、スペシャルが決まって、で終わって。なんかもう、(西島演じる)シロさんと(内野演じる)ケンジに会えないのかなと思ってすごく寂しくて。でも、演じてる人が言うのも変に思うかもしれませんけど、2人はどっかで幸せにケンカしたりしながら生きてるんだろうなとずっと思っていたんです」と劇中の2人への思いを吐露。


さらに「映画の話が来て、台本を読んで『2人がちゃんと生きてる』『変わらないんだ』というのがすごくうれしくて。本当に皆さんに応援していただいて、また史朗(シロさん)とケンジに会えるっていう喜びが本当に大きくて、すごく感動したことを覚えています」と続けた。


最後には「撮影は本当にいろいろあって大変だったんですけれども、全然そんなことは関係なくて、毎日毎日撮影が楽しくて、幸せに撮影していました。ようやく完成して皆さんにこうやってお届けできて本当にうれしいです」と振り返りつつ、「この映画はシロさんの料理のように愛情たっぷりの映画です。すごいフレンチとかそういう料理じゃなくて、毎日食べる家庭料理のような、美味しくて温かくて、っていうそういう料理のような映画です。ぜひ何度も、毎日のご飯のようにこの映画を鑑賞しに来てください。いつでも僕たちはスクリーンで待ってます。皆さんの心からの応援をいつも感じています」と目をうるませながらメッセージを贈った。



劇場版『きのう何食べた?』は、全国東宝系にて公開中。


2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 36件)