伊藤沙莉が「全部委ねよう」と思った瞬間の映像公開、森山未來の何気ない提案から

映画・舞台 公開日:2021/11/04 8
この記事を
クリップ

幅広い年齢層に共感されベストセラーとなった作家・燃え殻のデビュー作『ボクたちはみんな大人になれなかった』。主演に森山未來を迎えて映画化し、11月5日(金)よりシネマート新宿ほかにてロードショー、そしてNETFLIXでの全世界配信を開始する。



本作の公開に先がけ、伊藤沙莉が森山未來の似顔絵に挑戦する貴重なメイキング映像が初公開となった。



今回解禁となったメイキング映像は、主人公佐藤役の森山未來のギプスに、佐藤のかつての恋人かおり役の伊藤沙莉が森山の似顔絵を描く、という撮影現場が和む映像となっている。


劇中では佐藤がとある理由で事故に遭い、その後ギプスをつけるというシーンがある。かおりはそれに寄りそうのだが、なんと劇中でギプスに描かれていたギプスへのお見舞いイラストは伊藤本人が描いたものだったのだ。気合を入れてペンで書き込む伊藤だが、ギプスに描くのは難しかったのか、完成した森山の似顔絵はイラスト感の強いものに仕上がった。スタッフも一緒になり森山も伊藤も笑い合い、撮影現場はとても和やかな雰囲気だった。スタンバイ直前のため、両者ともにマスクを外している状態だが、検温・消毒を徹底のうえ、撮影に臨んでいたとのことだ。


伊藤沙莉自身も「私が現場で悩んでしまった時に「沙莉ちゃん」と呼ばれて行ってみたら、『なにか描いてよ』って言われたんです。それで絵を描いてたら悩んでいたことをすっかり忘れちゃって。『全部委ねよう』と思った瞬間でした。」と語っており、こちらの映像は伊藤沙莉自身の中でも森山未來の何気ない提案により、それまでの撮影の緊張がほぐれる特別な瞬間だったことが分かる。劇中ではギプスが映るシーンは一瞬だが、このような細かな点にもこだわって制作されており、それが役者一人一人にとってかけがえのない時間だった、という雰囲気はきっと映画本編にもにじみ出ていることだろう。


▼メイキング映像





■Netflix映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』
11月5日(金)より、シネマート新宿、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺ほかロードショー&NETFLIX全世界配信開始!
出演:森山未來、伊藤沙莉、東出昌大、SUMIRE、篠原篤、平岳大、片山萌美、高嶋政伸、ラサール石井、大島優子、萩原聖人
配給:ビターズ・エンド
©2021 C&I entertainment bokutachiha.jp

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 13件)