大島優子をおぶる森山未來、デートシーンのメイキング映像初公開

映画・舞台 公開日:2021/11/02 15
この記事を
クリップ

幅広い年齢層に共感されベストセラーとなった作家・燃え殻のデビュー作『ボクたちはみんな大人になれなかった』。主演に森山未來を迎えて映画化し、11月5日(金)よりシネマート新宿ほかにてロードショー、そしてNETFLIXでの全世界配信を開始する。このたびは、本作の公開に先がけ、森山未來と大島優子による新たな劇中カット&二人が監督から演出を受けているメイキング映像が初公開となった。





原作『ボクたちはみんな大人になれなかった』(新潮文庫刊)は、ウェブメディアの連載やSNS上で大きく話題を呼び、あいみょんを始め、糸井重里、小沢一敬、会田誠、吉岡里帆、EXITの兼近大樹といった様々なジャンルのクリエイターや著名人から悶絶するほどに絶賛されてきた。誰もが感じる切なさや懐かしさが凝縮されたこの物語は、10代や20代からは時代を超えて感情に訴える「エモさ」で話題を呼び、30代や40代からは舞台となっている90年代を代表するミニシアター、渋谷の街、流行した音楽や映画のタイトルなど当時のカルチャーを懐かしみながら楽しめると様々な年代を魅了し続けている。若い世代から熱く支持されているシンガーソングライターのあいみょんは、共感のあまり原作の文庫本にエッセイを寄せているほどだ。


今回解禁となったメイキング映像では、主人公・佐藤役の森山未來と、佐藤の人生に影響を与える女性・恵役の大島優子が夜の虎ノ門の街並みで演出を受けている映像から始まる。監督から「二人で映画を観たあと、酔っぱらって楽しそうに歩いていて、信号を渡って佐藤が先行して歩くと恵が追いかけていって(佐藤に)おぶさる。それぐらいやってもいいかな」と突如”おんぶ”の提案をされ驚く二人。照れくささも感じさせる笑いとツッコミをまじえながらも、演技の細かいイメージを監督とすり合わせた後、本番シーンで難なくおんぶシーンをやってのけ、まさに役者魂を感じさせる二人の姿が映し出されている。

大島自身、印象に残ったシーンとして「とあるシーンで、虎ノ門の交差点で森山未來さんにおんぶしてもらいました。東京のど真ん中でおんぶしてもらうなんて、撮影でしか味わえない楽しい時間でした」と語るほど、恋人たちの美しいひと時を描いたシーンとして映画の中でも魅力的に映し出されている。佐藤と恵、二人の劇中での描かれ方も注目ポイントである本作の公開がいよいよ待ち遠しい映像となっている。


▼佐藤と恵の虎ノ門デート




■Netflix映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』
11月5日(金)より、シネマート新宿、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺ほかロードショー&NETFLIX全世界配信開始!
出演:森山未來、伊藤沙莉東出昌大SUMIRE篠原篤、平岳大、片山萌美高嶋政伸ラサール石井、大島優子、萩原聖人
配給:ビターズ・エンド
©2021 C&I entertainment bokutachiha.jp

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 19件)