前田敦子が菊池風磨とダメ恋愛『もっと超越した所へ。』映画化、千葉雄大ら共演

映画・舞台 公開日:2021/11/01 12
この記事を
クリップ

2015年に下北沢のザ・スズナリで上演された舞台『もっと超越した所へ。』(作・演出・出演/根本宗子)が映画化されることが決定した。






主演は前田敦子、彼氏役を菊池風磨が務める。脚本は舞台と同じく根本宗子が手掛け、WOWOWドラマ『グラップラー刃牙はBLではないかと考え続けた乙女の記録ッッ』の山岸聖太がメガホンをとる。


ダメ男を引きよせる女たちの恋愛模様を描く本作で、ダメ恋愛体質の主人公・真知子を演じた前田は「しっかりと自立していて、でもちょっとかわいいダメな男の子を引き受けちゃう姉御肌な女の子。女子のフラットな部分を持っているキャラクターなので、多くの方々に共感してもらえると思います」と自信をのぞかせる。


原作、脚本を手掛ける根本宗子は、 めんどくさい人間の生態をこれでもかという言葉数で描いた作風が演劇界で大きな評判を呼び、弱冠26歳にして演劇界最高の名誉・岸田國士戯曲賞の最終候補にノミネート、さらには麻生久美子・中村倫也W主演の公演を手がけるまでにキャリアを積み上げた、いま最も脂の乗っている劇作家。舞台『もっと超越した所へ。』は、演劇ポータルサイトやSNSでも”最高傑作”との呼び声が高い一本だ。


撮影はすでに終了しており、前田は根本作品の世界で生きた日々に「もともと根本さんの舞台や世界観が好きだったので、その代表作の一本が初めて映画化されるということがまず嬉しかったです」と語り、「恋愛は一生続いていくものなので、観る歳によって作品の見方が全然変わる気がします。自分が10年後に観たらどういう風に思うんだろうという楽しみもあります」と作品の仕上がりに期待を寄せた。


バンドマン志望でライブ配信の投げ銭で生計を立てている怜人を演じた菊池は、『劇場版 仮面ティーチャー』以来7年ぶりの映画出演ということで「オファーをいただいて驚きましたが、とても嬉しかったです。映画の撮影現場は久しぶりだったので、どんな感じなんだろうと戸惑いもありました」と撮影を振り返る。また、自身が演じた怜人について、「甘えるのが上手で、強く束縛する怜人は僕自身とは全く真逆です」と語り、演じていて楽しかったという。


共演には比類なき個性を発揮するキャストたちが顔を揃える。元子役のバラエティタレント・鈴には映画『生きてるだけで、愛。』で、第33回高崎映画祭最優秀主演女優賞などを受賞、存在感のある個性派女優として注目を集める趣里。鈴と同棲生活を送る富を、ドラマや映画をはじめ様々な分野で活躍する千葉雄大。金髪ギャル・美和は、映画『サマーフィルムにのって』やドラマ『お耳に合いましたら。』の主演を務め、月刊「根本宗子」第17、18号にも出演している実力派若手俳優の伊藤万理華。美和のハイテンションな彼氏・泰造役に、本作で演技初挑戦となるロックバンド「OKAMOTO'S」のドラマー、オカモトレイジ。子持ちの風俗嬢・七瀬を数多くの映画・ドラマ・舞台などで活躍する黒川芽以。七瀬の店に通う、プライドの高い元子役・慎太郎に名バイプレーヤーとして様々な作品に出演する、三浦貴大


監督を務めた山岸聖太は、ドラマ『忘却のサチコ』や『有村架純の撮休』などで近年注目されている映像作家。ドラマ『下北沢ダイハード』で根本が脚本を手掛けた回の演出を担い、2018年には月刊「根本宗子」の本公演、第16号『愛犬ポリーの死、そして家族の話』の密着ドキュメンタリーを監督するなど、根本の世界観を映像に落とし込む術を誰よりも把握している。根本は「『山岸聖太監督が撮ってくださるなら!』とお願いをして監督に全てを託しました」と全幅の信頼を寄せる。


キャスト・スタッフからのコメントも届いている。


1/3ページ