櫻井翔「“チーム嵐”の熱を感じていただきたい」ファンへの感謝と想いを詰め込んだライブフィルム

映画・舞台 公開日:2021/10/23 12
この記事を
クリップ

2021年5月23日に映画化が発表され、各メディアを通じて国内外で大きな話題を呼んだ『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』が、11/3(水・祝)よりドルビーシネマ限定で先行公開、11/26(金)より全国公開される。


この度、嵐・櫻井翔が本作への特別な想いを語った、貴重なインタビュー映像が解禁となった。


国内外で大きな話題を呼んだ『ARASHI 5×20 FILM』

2018年11月から2019年12月まで1年以上に渡り、計50公演、1ツアーとして日本史上最大の累計237万5千人の動員を記録した、嵐20周年のツアー「ARASHI Anniversary Tour5×20」。このツアー中、あるBIG PROJECTが着々と進行していた。それは「映画を撮影するため」に1日限りで開催するという、過去に例を見ない「シューティング・ライブ」だった。2019年12月23日、東京ドームで壮大な撮影を敢行。『ピカ☆ンチ』で嵐初主演映画を監督した堤幸彦を始め、これまで嵐に関わり彼らを知り尽くした映画とライブのスタッフが集結し、嵐が5人だから見られた景色、52000人の観客が5人と一緒に見た景色を計125台のカメラで余すことなく記録した。

さらに、本作は第24回上海国際映画祭(2021年6月11日~20日)にて6月12日にワールドプレミアとしてDolbyVision部門で世界初上映された。プレミアムチケットを手に入れた現地の観客200人が本作をいち早く“体感”し、会場となったマカライン・シネマ・ワールドは撮影が行われた東京ドームさながら、熱狂の渦に包まれた。東京ドームの圧倒的な一体感と臨場感をそのままに、2000年から2020年までのコンサートで累計約8200万人を動員した、ジャニーズ事務所を代表するアーティスト・嵐〈初〉のライブ映画として、その名曲とパフォーマンスを体感できる全篇ライブフィルムが誕生した。

1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ