上白石萌音 初エッセイ集が7万部突破、写真パネル展の開催決定

映画・舞台 公開日:2021/10/20 12
この記事を
クリップ

上白石萌音 初の書き下ろしエッセイ集『いろいろ』(NHK出版)が、発売から1ヶ月を待たずに4刷が決定し、累計7万部となった。今回、上白石萌音の故郷である鹿児島を皮切りに写真パネル展の開催が決定した。



俳優、歌手、ナレーターなど、幅広い分野で活躍する上白石萌音初の書き下ろしエッセイ集『いろいろ』は、9月25日(土)にNHK出版より発売された。発売後は各書店で大きく展開。発売後3日で増刷を決定、その後の勢いもそのままに今回4刷が決定し、累計7万部となった。3回目の増刷について、上白石本人には9月19日(火)に開催された初シングル『I’ll be there / スピン』発売記念YouTube Liveのイベント会場でサプライズ発表。お祝いのケーキに笑顔が溢れる一面もあった。



上白石萌音『いろいろ』写真パネル展は、『いろいろ』のために、フォトグラファー・山本あゆみさんが鹿児島で撮り下ろした上白石萌音の写真を、会場にパネル展示。会場でしか見ることができない貴重な未掲載カットも展示予定だ。2021年11月1日(月)~11月28日(日)、鹿児島を皮切りに複数の書店を巡回予定。今後、新たに展示会場が決まり次第、NHK出版のSNS等で詳細がアナウンスされる。


もはや“タレントエッセイ”の域を超えた『いろいろ』、作家や出版関係者からも多くの高い評価を得ているという。11月1日(月)には上白石が初代ヒロインを演じるNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』が放送開始予定。「ありのまま」の上白石を知ることができる一冊を手にとってみてはいかがだろうか。




■上白石萌音『いろいろ』写真パネル展
場所:ブックスミスミ オプシア店(鹿児島県鹿児島市)
日程:2021年11月1日(月)~11月28日(日)※ほか複数の書店を巡回予定。


©山本あゆみ


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)