映画『シノノメ色の週末』桜井玲香、高校生活の思い出は「“乃木坂漬け”でした」

映画・舞台 公開日:2021/10/19 7
この記事を
クリップ

元乃木坂46の初代キャプテン 桜井玲香が、映画初主演を務める映画『シノノメ色の週末』の完成披露イベントが19日、都内の劇場にて開催。桜井、岡崎紗絵、三戸なつめ、中井友望、工藤阿須加、穐山茉由監督が登壇した。


本作は、大人になりきれない20代女子たちの等身大の物語。性格的に媚びるのが苦手で、黙っていれば可愛いとよく言われる大月美玲を桜井、大手広告代理店の子会社で働く一ノ宮まりを岡崎、実家暮らしで教育関連のお堅い事務職をしているが、実は廃虚オタクの安東雅美を三戸が演じる。



キャスト陣は作品タイトルにちなみ、全身“シノノメ色”の衣装で登場。作品の公開を控え桜井は「うれしいようなちょっと恥ずかしいようななんとも言えない気持ち」と心境を口にし、試写を終えた観客に対しては「無事お届けできたってことが本当にうれしいです。ありがとうございます」と感謝した。


2019年に乃木坂46を卒業し、女優として活躍する現在については「グループ時代もいろんな経験をさせていただいていたんですけれども、リスタートという気持ちで学ばせていただいている」と発言。「主演の映画に挑戦させていただいて、幸せ者だなと思います。これからもこれをきっかけに頑張っていきたいなと思います」と決意を新たにした。


モデル事務所に所属しているが、仕事は順調とはいえない美玲が臨むオーディションには共感も。「痛いほどわかりました。かわいくて才能もあって、という子はこの業界に本当にいっぱいいる。その中で自分自身で戦う辛さというか、ちょっと負けそうになる感じとかはめちゃくちゃ理解できましたね」と語った。


作品で身につける制服姿に関しては、岡崎が「ドキドキしていました」、三戸が「楽しみでしょうがなかった」と異なる意見。桜井は「私は高校生の役として着るんじゃなく、20代後半として着る、だったから『まぁまぁまぁ...』って(笑)」と笑った。


工藤はというと「『男、僕ひとりですか?』って。『もう少し監督、誰かキャスティング...』と思ったんですけど、覚悟を決めて現場に行くしかないなと思って現場に行きました」と女性中心の現場に躊躇したことを明かし、笑いを誘っていた。


自らも女子校出身である桜井が学生時代の様子を聞かれた場面では、桜井が「私は美玲とは真逆というか、別に目立っていたような女の子ではなかったですね。身だしなみとかも校則が厳しかったので」と告白。「そんなにおしゃれをするわけでもなく、とりあえず行ってすぐ帰ってくるみたいな。普通の子でしたね。高校2年生で乃木坂46に入ったので、その後はもう“乃木坂漬け”でしたね」と乃木坂46に所属してからの学生生活についても明かした。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 20件)