『劇場版 ルパンの娘』公開、深田恭子「呼ばれたらいつでも仮面をつけて集まりましょう」

映画・舞台 公開日:2021/10/16 6
この記事を
クリップ

『劇場版 ルパンの娘』の公開を記念して初日舞台挨拶が、10月15日に開催され、主演の深田恭子はじめ、TVシリーズから引き続き劇場版にも出演する瀬戸康史、渡部篤郎、小沢真珠、栗原類、どんぐり、大貫勇輔、市村正親、さらに劇場版ゲストとして出演する観月ありさ、そして武内英樹監督という超豪華キャストが登壇した。


満員の観客の中、会場に大きくBGMが響き渡り、キャスト・監督が登場し初日舞台挨拶が始まった。まず初めに、『劇場版 ルパンの娘』がついに公開初日を迎えた気持ちを聞かれた深田は「やっとやっと皆さんの前にお届けできるので、今日を心待ちにしておりました。本日は楽しんでいってください」と挨拶。瀬戸も「いよいよこの日が来たかとワクワクしています、まだまだ大変な世の中で、不安なことをたくさん抱えてらっしゃるかもしれませんが、笑いで吹っ飛ばしていきましょう」と明るく語った。


続く小沢は「ドラマ・映画と続けて演じさせていただき、この日を迎えられてとても幸せです」、栗原は「ついに皆さまに劇場版お届けすることが出来てすごく嬉しく思います。今日は本作を思いきり楽しんで帰ってほしいなと思います」、どんぐりは「これから2時間どっぷり、“ルパンの娘”の世界に引き込まれて、楽しんで帰っていただきたいです」、大貫は「初日を迎えられたこと、ここに立てていることを本当に嬉しく思います」とそれぞれが公開を迎えての想いを交えて挨拶。そして市村は「再来年で50周年を迎える、私のミュージカル俳優としての力を遺憾なく発揮するようにと監督からお仕事をいただき、この映画に参加いたしました。僕の力を十分に堪能してください」と、力強くコメント。


本作からシリーズ新キャストとして参加した観月は「“もう一人のLの一族”として謎に包まれた存在の役を演じさせていただきました。役どころは観てのお楽しみです。ドラマの時からとても好きな作品でしたので、劇場版から参加させていただいてとても嬉しいです。「ルパンの娘」の世界に酔いしれて帰ってください」と本作へ参加しての想いを吐露した。シリーズ通して三雲家の大黒柱を演じてきた渡部は「先日の舞台挨拶で深田さんも仰っていたんですけど、“映画は皆様に観ていただいて初めて完成するもの”、まさにそう思います。全スタッフ・キャストと真心込めて作った作品です。どうか受け止めてください」と作品に込められた想いを語り、本作のメガホンをとった武内英樹監督は「コロナ禍の最中、海外みたいな場所で撮影した作品ですので、旅行気分も味わっていただき、コロナを笑い飛ばすくらいの気持ちで思いきり笑っていただければ幸せです」と少々の裏話も入れ挨拶した。


続いてMCからの質問で、2年もの間、三雲家・桜庭家として関わり続けた本作。改めて今の気持ちを聞かれた深田は「シーズン1だけでもこんなにドラマがあるんだ。と驚いたのに、シーズン2、劇場版までできると思いませんでした。すごく居心地のいい現場で、こんなに長い時間ご一緒にお仕事する機会は無いので、とてもチームワークが良い現場でした」と回答。


その流れで三雲家がどんな家族だったか聞かれるとどんぐりは「撮影以外の時も家族のように親切にしていただいて、本当に素晴らしい家族でした。素晴らしい映画です!」と語り、会場からも拍手が起き、キャストの温かい反応からもアットホームな様子が垣間見えた。


三雲家の主として演じてきた渡部も「終わってしまって寂しいですよ。こんな気持ちは初めて。せっかく観月さんや市村さんに出ていただいたので、また違う物語を作ってもらいたいなと、私はまだまだやっていきたい」と語り、会場からは大勢の方の拍手が起こった。


また、渡部との共演について聞かれた観月は「とても楽しかったです。いろいろと教えていただきながら、困ったり迷ったりしたら渡部さんに聞かせていただいて、とても心強かったです」と回答し、それに対して渡部は「仰る通りです」ととぼけて会場を笑わせた。


話題はキャスト皆さんで踊った泥棒ダンスに切り替わり、瀬戸は「唯一の警察なのに参加できたことがとても嬉しかった。泥棒じゃないのに!」と発言し、会場からは笑いが起き和やかな雰囲気に。


さらにはどんぐりもダンスについて大丈夫だったか聞かれると「全然大丈夫ではありませんでした。。振付の先生に何度もご指導いきました。映像では笑っていますけど、内心は笑っていません」と、こちらも会場から笑いが起きさらに温かい雰囲気に包まれた。


そして今回のイベントでは、事前にTwitterで募集した質問について答える場面があり、自身の役以外で誰のどの役を演じたいですか。と聞かれると、深田は「観月さんの玲役をやってみたい。とにかく豪快で、美しく迫力があって、観月さんが演じている姿がすごく素敵でした」と絶賛。一方の観月は「真珠さんの役の振り切りっぷりがとても素晴らしくてやりたいと思いました」と回答し、それに対して小沢は「逆に振り切りとテンションが上がっていればできるっていう、、」と笑いを誘った。その流れで小沢は「どんぐりさん。定吉!がやりたいです」、どんぐりは「自分とは無縁の色っぽさがある小沢さん」などと回答し、それぞれの役を褒め合った。


続いての質問で、海外が舞台の本作にちなんで一番行ってみたい国を聞かれた渡部は「当初、ジョージアで撮影予定だったのでジョージア行ってみたいです」と回答。なぜジョージアの予定だったのかと聞かれると監督は「ジョージアの国王から撮ってほしいと言われていたから。けどコロナの影響で行けなくなり、日本中のジョージアっぽい所で撮影した」と撮影秘話を告白した。


続いて「定吉!」のコツを質問されたどんぐりは「コツは、キレよくやること」と回答した後、実際に本気の「定吉!」を披露し会場からは再び大きな拍手が起きたが、瀬戸は「シーズン1の時にのどやられて白目になりそうでした」と裏話を告白した。


最後の質問で、間に役を挟まずに華を演じ続けた深田にとって「ルパンの娘」がどういう存在か聞かれると「華という役に愛着もありますし、宝物のような作品で、自分の手から離れてしまうのは寂しいです。呼ばれたらいつでも仮面をつけて集まりましょう」と吐露した。


最後に深田が「あんたが犯した罪、悔い改めな!」という三雲華の決め台詞を発すると同時に、豪華登壇者全員で予告状を前にかざすという“ルパンの娘”らしい演出。さらにはテープとL吹雪(Lと印字された紙吹雪)で会場は華やかな演出に彩られイベントが幕を閉じた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)