志田彩良&鈴鹿央士『ドラゴン桜』共演前の瑞々しい姿、胸キュン必至な本編映像解禁

映画・舞台 公開日:2021/10/15 4
この記事を
クリップ

今泉力哉監督が窪美澄の短編集から自ら映画化を希望し、ドラマ『ドラゴン桜』でも話題となった志田彩良が主演を務める、映画『かそけきサンカヨウ』が本日10月15日(金)より全国公開された。この度、映画本編よりデートの約束シーンの映像が到着した。


映画は、家庭環境のせいで早く大人にならざるを得なかった高校生・陽の葛藤と成長が、同級生・陸との“恋まではたどり着かないような淡い恋愛感情”を交えて描かれている。主人公・国木田陽を志田が、陽をやさしく見守る父親・直を井浦新、陸を『ドラゴン桜』でも志田と共演した鈴鹿央士が演じる。

【関連】『ドラゴン桜』でも話題の志田彩良、父親役・井浦新から恋人ができたことを告白され…



監督は、作品に流れる空気感やリアリティが高い評価を受け、『愛がなんだ』のヒット以降『アイネクライネナハトムジーク』『mellow』『his』と作品を作り続け、今年は『あの頃。』『街の上で』と既に2本の作品が公開、城定秀夫監督とのコラボ映画が来春公開を控える今泉力哉。主人公・陽が家族について悩みながら成長していく姿を丁寧に映像化した。

この度解禁されたのは、陽(志田彩良)が、家に遊びに来た同級生の陸(鈴鹿央士)を帰路の途中まで送るシーン。線路そばの夜道を二人で歩きながら陽の家族について少し気まずい会話を交わし、分かれ道で向き合って立ち止まる。生まれつき心臓に問題がある陸が、手術が8月に決まったことを陽に話し「その前に、二人でどこか出掛けない?」とデートに誘う。

突然の誘いに驚く陽だったが「陽がよかったらだけど。じゃあ」と言って去ろうとする陸に、後ろから「うん、行こう。絶対!」とはにかみながら答え、陸も「うん」と嬉しそうに笑顔でうなずき、去っていく。遠ざかっていく陸の後ろ姿を、暫くその場で名残惜しそうに見送る陽。ドラゴン桜で共演する前に撮影された本作での、二人の瑞々しくピュアな演技に胸キュン必至なシーンとなっている。


■映画『かそけきサンカヨウ』

テアトル新宿ほか全国公開中
監督:今泉力哉
出演:志田彩良 / 井浦新 鈴鹿央士 中井友望 鎌田らい樹 遠藤雄斗 石川恋 鈴木咲 古屋隆太 芹澤興人 海沼未羽 鷺坂陽菜 和宥 辻凪子 佐藤凛月 菊池亜希子 / 梅沢昌代 西田尚美 / 石田ひかり
配給:イオンエンターテイメント

(C)2020 映画「かそけきサンカヨウ」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。