佐藤健、阿部寛と初LINEで意外な体験「“ぴえん”の顔がついてました」

映画・舞台 公開日:2021/10/01 11
この記事を
クリップ

俳優の佐藤健が1日、都内にて開催された映画『護られなかった者たちへ』初日舞台挨拶に、共演の阿部寛、清原果耶、瀬々敬久監督と共に出席した。


「このミステリーがすごい!」受賞作家・中山七里の同名小説を映画化した本作。東日本大震災から10年目の仙台で起きた不可解な連続殺人事件を軸に、その裏に隠された切なくも衝撃の真実を描く。


佐藤と阿部は、今作が11年ぶりの共演。佐藤が「大変光栄ですね。少しでも成長した姿をお見せしたいなという気持ちもあって、気合が入っていました」と言うと、阿部は「十分成長していて、その姿を見て、僕も背筋が伸びる思いがしました。立派になられたなというか、素晴らしい俳優さんになられたなと思います」としみじみと語った。


また佐藤は「僕は、阿部さんの連絡先を知らなくて、まさかの林遣都くんが阿部さんとLINEを交換していたという情報を後で知り、衝撃を受けるという」と、今作で共演する林遣都が自分より先に阿部の連絡先を入手していたことにショックを受けたそう。しかしその後、無事に阿部と連絡先の交換を果たしたと打ち明けると会場から拍手が巻き起こった。


佐藤は、思わぬ拍手に少し笑いながら「阿部さんがどういうスタンプだとか絵文字とか使うのか、興味深かったんですよ。そしたら、僕が『佐藤です。よろしくお願いします』って初めて送った時に、『お願いします』っていうシンプルな一言の最後に“ぴえん”の顔がついてました」と意外な絵文字のチョイスに驚いたことを告白。会場からは笑い声が漏れ、佐藤は「ぴえん、久々に見ました」とつぶやいていた。


さらに、今後どんな作品で共演してみたいかと聞かれた佐藤は「いちファンとしてコメディをやられている阿部さんがすごく好きなので、そういったものでもしご一緒できたらうれしいですね」と回答。同じ質問に阿部は「今回とまったく逆の、僕が犯人でお2人(佐藤と清原)に追求される役というのもちょっとやってみたいなと思いました。追っかけられて走ってもいいですし」と、佐藤が容疑者、阿部が刑事を演じる今作と真逆のキャスティングに思いを馳せた。



阿部が「佐藤くんを追っかけるの楽しかったんですよ、なんだか。シンプルなんだけどいろんな感情が湧いてくる。犯人の気持ちになって、逃げてくれて良かったとか思ったり。逆に逃げる側ってどういう感情になるんだろうって」と想像を膨らませる一方で、佐藤は「僕ねー、本当に走る芝居嫌いなんですよ。使われているの10秒とかわからないですけど、まじで何回もやるからね。あれ大変なんですよ皆さん。今後、役者さんが走っているのを見たら『頑張っている』と思ってあげてください」と苦笑いを浮かべていた。


▼インタビュー記事【撮りおろしカット掲載】


映画『護られなかった者たちへ』は大ヒット上映中。

©2021映画『護られなかった者たちへ』製作委員会

配給:松竹

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 46件)