『東京リベンジャーズ』本年度実写映画No.1達成「凄いことになりました」

映画・舞台 公開日:2021/09/27 9
この記事を
クリップ

映画『東京リベンジャーズ』が、本年度実写映画No.1を達成し、興行収入43.8億円を突破した。キャストからのコメントも届いている。



7月9日(金)に公開された『東京リベンジャーズ』は、7月9日(金)~7月11日(日)までの3日間で動員50万人を超え、興行収入約7億円のロケットスタートを切り、2021年に公開された実写映画の土日2日間の週末オープニングの観客動員&興行収入No.1を獲得。さらに、観客動員数は9/6時点で『るろうに剣心 最終章 The Final』の累計動員を超え、今年の実写作品においてNo.1動員数となった。また、カナダのモントリオールで開催された、第25回ファンタジア国際映画祭(開催期間:8月5日~8月25日)、シュベル・ノワール・コンペティション部門への正式出品もされ、本映画祭でのインターナショナル・プレミア(※日本以外で世界初上映)を皮切りに、香港、台湾、タイで順次公開となる。新たに第26回釜山国際映画祭(開催期間:10月6日~10月15日)のOpen Cinema部門への出品も決まり、日本に留まらず、世界中へ盛り上がりが拡がり続けている。



驚異的な原作の発行部数の伸び、アニメ放映が4月から始まるやいなや定額制配信サービスで上位に位置し続け、Netflixでは『全裸監督 シーズン2』を抑えてランキング1位、YouTubeでの予告編再生数は3000万再生超、Twitter27.2万フォロワー超、Instagram38.8万フォロワー超、TikTok30.6万フォロワー超、#東京リベンジャーズ 関連動画は36億視聴超、更にはJC、JK流行語大賞モノ部門2位・コトバ部門3位など、『東京リベンジャーズ』が日本のみならず世界中を熱狂の渦に巻き込んでいる。 


そしてこの度観客動員数は遂に328万人、興行収入は43.8億円を突破した。7月9日(金)に全国 350 のスクリーンで公開となった本作は、7月9日(金)~9月26日(日)で動員 3,287,966人、興行収入4,380,828,440円という数字を記録した。この記録は、2021年公開作品の中で、これまで実写No.1興行収入を記録していた『るろうに剣心 最終章 The Final』の43.5億円を上回り、本年度実写映画作品興行収入No.1となった。


本年度実写映画興行収入No.1達成を記念して、キャスト、監督からコメントが到着した。



1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 10件)