桜井玲香主演『シノノメ色の週末』女子校ならではの“あるある”を感じる予告映像

映画・舞台 公開日:2021/09/16 11
この記事を
クリップ

この度、11月5日(金)に公開となる桜井玲香主演、岡崎紗絵、三戸なつめ共演の映画『シノノメ色の週末』の主題歌を、話題の新人・佐藤ミキが担当することが決定。また、予告動画も解禁された。


本作は、2019年9月に乃木坂46を卒業後は女優として活動し、数々の舞台に出演して注目を集めている、桜井玲香の映画初主演作品となる。共演は、今泉力哉監督作品『mellow』ほか数々の映画やドラマに出演し、ナチュラルで飾らない明るさや大人可愛い雰囲気で人気を集める岡崎紗絵。モデルやタレントとして、無邪気な明るいキャラクターで幅広く活躍しており、映画やドラマにも多数出演、NHK連続テレビ小説『おちょやん』では主人公おちょやんの亡くなった母・サエを演じ、その存在感や魅力が評判を集めた三戸なつめ。


女子校出身、自分の学生時代なんて、世の中で言われてる程尊くもないし、あまり興味もないし、正直忘れていた。とにかくいま目の前に起きている仕事での人間関係とか、結婚、漠然とある“女性らしさ”との距離感…そうしたものの方が、自分にとってのリアルだった。そんな中、取り壊されることが決まった母校・篠の目女子高校の校舎で、在りし日の思い出を辿るために、数年ぶりに集まったシノノメ女子元放送クラブの3人。昔の女子校生活を思い出しながら、互いに現在の不満をぶつけあい、10年前に埋めたタイムカプセルを探すために週末の度に何度も校舎を訪れるようになる。取り壊される校舎と色あせていなかった青春の日々——。大人になりきれない20代女子たちの、等身大の物語。

監督は、長編デビュー作『月極オトコトモダチ』が国内外で高い評価を受けた新鋭・穐山茉由監督。本作が長編商業映画初作品となる。監督の持つ、会社員と映画監督というダブルワークの経験をもとに、社会で働く女性たちの心理を独自の目線で鋭く柔らかくオリジナル脚本で描く。

そして本日、本作の主題歌を話題の新人・佐藤ミキが担当することが発表となった。楽曲は、作詞・高橋久美子(作家、作詞家)、作曲・金澤ダイスケ(フジファブリック)の強力タッグで本作のために書き下ろされた『東雲の空』。佐藤の優しさと強さを併せ持った“シルキーボイス”が映画を切なさと優しさで包み込む。

さらにこの度、予告編も解禁。予告は、高校の廊下を美玲(桜井玲香)とまりりん(岡崎紗絵)、アンディ(三戸なつめ)が走り抜けるシーンから始まる。母校の廃校が決まり10年ぶりに再会した放送クラブの3人。元人気読モの美玲、元地味系のまりりん、ムードメーカーのアンディ。「人って変わるんだねぇ」と久しぶりに会ったまりりんがおしゃれになった姿を見て、その変貌ぶりに美玲がつぶやく。昔埋めたタイムカプセルを探し校庭を掘り起こしたり、女子高生時代の制服を教室で着てみたり、楽しい時間が流れる中「ここに来れば、あの頃に戻れると思ってた」というコピーからトーンが変わる。

「大人なんだから、もっとちゃんとした仕事した方がいいと思う」と言うまりりんにショックを受ける美玲。「周りは結婚したり、別の仕事始めてる人も多くて」「このままでいいなんて思ってないし」という美玲の本音が溢れ出る。10代の女の子だった自分は眩しいほど輝いていたのに、今は時間ばかりが過ぎて理想からはまだ程遠い。傷つき、悩み、焦り、何者にもなれない20代の女性たちのモヤモヤが浮き彫りになっていく。そんな中、篠の目女子高校最後の学生・杉野あすか(中井友望)が参加し、制服の下にジャージを履いて卓球をしたり、女子の中に一人、まりりんの会社の上司(工藤阿須加)が登場しざわつかせたり…波乱が起こりそうな、女子校ならではの“あるある”も感じられる予告編となっている。

また、本作の特典付きムビチケが9月17日より発売。劇場窓口及びメイジャー通販でのムビチケカードの購入特典は、劇中写真が散りばめられたかわいい「シノノメ特性クリアファイル」。オンライン券(電子チケット)の購入特典には、美玲、まりりん、アンディそれぞれのキャラクターのスマホ壁紙セットが付いてくる。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 5件)