櫻井翔、松本潤が恥ずかしがったエンドロール表記に「僕はメンバーとして誇らしい」

映画・舞台 公開日:2021/09/15 16
この記事を
クリップ

嵐の櫻井翔が15日、都内で行われた映画『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』ジャパンプレミアに、メガホンをとった堤幸彦監督とともに出席した。



2018年11月から2019年12月まで1年以上に渡り、計50公演、1ツアーとして、日本史上最大の累計237万5千人の動員を記録した、嵐20周年のツアー『ARASHI Anniversary Tour 5×20』。このツアー中である2019年12月23日、“映画の撮影をするため”に1日限りで開催するという過去に例を見ない「シューティング・ライブ」が東京ドームで敢行され、『ピカ☆ンチ』(02)で嵐初主演映画を監督した堤監督を始め、これまで嵐に関わり、彼らを知り尽くした映画とライブのスタッフが、嵐が5人だから見られた景色、52,000人の観客が5人と一緒に見た景色を計125台のカメラで余すことなく記録。嵐にとって初のライブ映画として、その名曲とパフォーマンスを体感できる全篇ライブ・フィルムが誕生した。


タキシード姿で報道陣の前に登壇した櫻井は「久々の登壇でソワソワして緊張しているんですけど、改めて、初のたくさんのチャレンジがたくさん詰まった作品をお届けできること、とてもワクワクしております」と挨拶し、撮影から2年が経った今の時期に公開されることについての心境を尋ねられると「今日9月15日というのはハワイで記者会見した僕たちの結成記念日なんですけど、こうした形でお伝えできるということが、とても嬉しく思っているのと、2年前のコンサートなんですけど、あのときの熱気、我々の思いを真空パックのように閉じ込めたいと思っていたので、今、その真空パックを開いても、時の流れを感じずに楽しんでもらえる作品になったんじゃないかなと思います」とコメント。


コロナ禍で有観客でのライブやイベントが難しいこの時期に、2年前の映像を出せることについて櫻井は「今、このタイミングで満員の人に埋め尽くされた会場もご覧いただきたいですし、満員の会場をご覧いただいた中で、日常で、客席で感じるその一体感のようなものもあると思うので、それを楽しんでいただきたいのと、思い出していただきたいのと、1日も早くそんな日が来るようにという願いを込めながら、ご覧いただけたらなと思います」と熱く語った。


また、本作を観た感想を求められた櫻井は「すごく印象的だったのが、客席から僕たちが上を通る映像とか、まるでそこの客席にいるかのようなことが体感できるということと、会場では味わえない興奮、会場では味わえない距離感、そういったものは感じられる作品だなと思っています」といい、「通常のDVDやBlu-ray作品と大きく違うのは、いつものコンサートの風景を撮ってもらうのはDVDやBlu-ray作品なんですけど、今回は撮影のために集まってもらったので、我々、嵐、そしてファンの人、撮影スタッフ全員で一個の作品を作ろうといって作った作品ですので、ファンの方々はもちろん、今まで嵐のコンサートをご覧になったことがない方にも、チーム嵐の熱気を感じてもらいたいなと思いますね。総力戦ですね」とアピールした。


さらに、嵐を知り尽くしたスタッフが集結したことについて櫻井は「あれはすごかったですよね。カメラが125台強で125人のスタッフ(カメラマン)の方が集まってくださったわけです。現場で冗談半分、本気半分で言ってましたけど、この日だけは(堤監督の)映画の撮影が止まっていると…」と回顧。


堤監督は「本当に止まっていました。125人のカメラマンだけではなく、そのアシスタント、もろもろ調整する人を含めると何百という…。ほぼ映画の撮影、ビデオの撮影の中心人物が東京に集まっちゃったということで、えらい迷惑でした(笑)」と笑い、櫻井は「そのスタッフのほとんどが、過去に我々5人、あるいはそれぞれで仕事をしたスタッフを集めていただいたので、僕で言えば『ヤッターマン』でご一緒したカメラマンとか、ほかの作品でご一緒したカメラマンがいて、『なんで来てくれたの?』って状況で温かく撮影できましたし、サブコンはNASAみたいになっていて、モニターが120何台もあってとてつもない施設でした」と声を弾ませた。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 7件)