林遣都&小松菜奈が“リハビリ”デート、徐々に近づいていく2人の距離感

映画・舞台 公開日:2021/09/14 7
この記事を
クリップ

若者から絶大な支持を得る、新進気鋭作家・三秋縋のベストセラー小説を林遣都×小松菜奈のW主演で映画化した、『恋する寄生虫』の公開初日が11月12日(金)に決定した。

極度の潔癖症から誰とも人間関係を築けずに孤独に生きる青年・高坂賢吾役に林遣都、寄生虫が好きで、視線恐怖症に苦しむ不登校の女子高生・佐薙ひじり役に小松菜奈が扮する。抜群の演技力と人気を誇る林と小松が本作で待望の初タッグ&W主演を果たし、繊細で儚い恋物語を紡いでいく。


また2人の運命の出会いに深く関係する重要な役に、味のある演技が魅力の井浦新と石橋凌のベテラン俳優が脇を固める。監督を務めたのは、CMやミュージックビデオを中心に多岐にわたり活躍を広げ、現在放送中の大河ドラマ「青天を衝け」のタイトルバック映像も手掛ける柿本ケンサク。脚本を手掛けるのは『眉山―びざん―』(07)、『トワイライト ささらさや』(14)の山室有紀子。運命か偶然か、それとも虫の仕業か――、今までに味わったことのない異色のラブストーリーが幕を開ける。


初日決定と共に、運命の恋を予感させる本作の場面写真も一挙に解禁された。今回解禁された場面写真では、ヘッドフォンを鎧として身に着け世界を遮断して歩く佐薙の姿、そんな佐薙と“社会に適応するためのリハビリ”と称したデートをする高坂、夕日を背に自転車に2人乗りするロマンチックな姿…など主人公2人の距離が少しずつ近づいていく様子が捉えられている。



人と接することを恐れて生きてきた高坂と佐薙は、出会った日からまるで運命のように惹かれ合っていくが、それは恋に寄生する虫の仕業なのか、はたまた純愛なのか――?屈託のない 2 人の笑顔の裏に隠された真実が気になる写真の数々となっている。


林と小松は、同じ事務所の先輩と後輩であるが、共演するのは本作が初めて。“虫”によって恋に落ちるというフェイクとリアルが混在するラブストーリーを実写化するにあたり、難易度の高い芝居が求められた2人だったが、撮影中にも何度もディスカッションを重ね、互いに支え合いながら演技プランを作り上げていったという。林と小松の新しい化学反応によって、他者を拒絶しながらも臆病に惹かれ合っていく高坂と佐薙というキャラクターの魅力が生き生きとスクリーンに描き出されており、まさに相性抜群のキャスティングとなっている。

 

恋と虫、一見相容れない二つの要素がどのようなラブストーリーを生み出すのか?詳細が気になる本作の今後の情報にもぜひご期待いただきたい。


『恋する寄生虫』

11月12日(金)全国ロードショー    

出演:林遣都 小松菜奈

井浦新 石橋凌

配給:KADOKAWA

©2021「恋する寄生虫」製作委員会


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)