榮倉奈々 木村文乃ら豪華キャスト続投、最新予告も『99.9-刑事専門弁護士- THE MOVIE』12.30公開

映画・舞台 公開日:2021/09/13 12
この記事を
クリップ

TBSテレビで2016年、2018年に日曜劇場で放送され、いずれも高視聴率を記録、熱烈な支持を集めた松本潤主演の『99.9-刑事専門弁護士-』が待望の映画化。『99.9-刑事専門弁護士- THE MOVIE』が、12月30日(木)に全国公開となる。



映画では松本潤演じる超型破りな弁護士・深山大翔、香川照之演じる敏腕弁護士・佐田篤弘の名コンビに加え新たなヒロインとして杉咲花扮する新米弁護士・河野穂乃果も加わり、0.1%の事実を求めて奮闘。この冬、日本中を笑顔にする痛快エンターテインメント作品が誕生する。


そしてこの度、最新予告・最新ポスターに加え第三弾キャストが解禁。今回解禁となる予告編では、深山が15年前に起きた凶悪事件に挑む過程で、謎の弁護士・南雲恭平が事件に関わっていることが判明し、さらに因縁の裁判官・川上や元検事の大友らが、深山の前に立ちふさがり、今までになく事実追求に困窮する姿が描かれている。果たして南雲は、敵なのか?味方なのか?これまで、様々な事件の0.1%の事実に挑んできたが、今回ばかりは「今のところ、勝てる見込みがゼロ」と、弁護士・深山最大の危機に。さらに、深山が慕う斑目法律事務所元所長・斑目春彦の「事実で人を幸せにできるかどうかはわからない」という意味深なセリフも。果たして、深山は「0.1%」の事実にたどり着くことができるのか。


予告編最後には、深山が明石の発言を何度も聞き返す、お馴染みの掛け合いも。『99.9』ならではのユーモア溢れる展開にも更なる期待が膨らむ予告編となっている。同じく解禁される最新ポスターでは、オールスターキャストが勢ぞろいした豪華なデザインに、「事実はまだ15年前に眠っている」というコピーの真相とは。映画ならではのスケール感と深山最大のピンチを予期させる内容で、より一層本編への期待が高まる内容になっている。


さらに、『99.9』には欠かせないドラマシリーズの超豪華レギュラーキャストも大集結。


season1では、型破りな深山の行動に振り回されながらも、熱意をもって事実を追求する深山の姿に心打たれ、持ち前の努力家精神で数々の事件解決に挑み、現在はアメリカ留学中の“プ女子”弁護士・立花彩乃を榮倉奈々、season2では元裁判官弁護士として、深山とは正反対の理屈っぽい考え方で度々衝突する場面もあったが、尾崎の弟の事件をきっかけに、深山とも距離を縮め、現在は再び裁判官として東京地方裁判所に勤める尾崎舞子を木村文乃。ドラマシリーズでのかつてのバディも登場し、おなじみの掛け合いも健在。


深山の父親の事件をきっかけに、事実の追求という同じく熱い思いを共有し合い何かと協力的な検事・丸川貴久に青木崇高、「事実」よりも「法廷での証拠」を優先させる方針の持ち主で、深山とは大きく対立し因縁関係もある東京地方裁判所所長・川上憲一郎に笑福亭鶴瓶、斑目法律事務所元所長・春彦と学生時代からの深い知り合いである一方、自ら立ち上げたストーリーの結論へ導く強引な捜査や取り調べを行うことで、有罪率100%を誇っていた元東京地方検察庁検事正・大友修一に奥田瑛二、深山が信頼を寄せる斑目法律事務所の元所長・斑目春彦を岸部一徳と豪華キャストが大集結し、さらに『99.9』映画化へのコメントも到着。またドラマシリーズに引き続き、お馴染みのメンバーが脇を固める。深山が居候する小料理屋いとこんちの店長であり深山のいとこ・坂東健太に池田貴史、いとこんち常連で深山に片思い中の自称シンガーソングライター・加奈子に岸井ゆきの、斑目法律事務所所長となった敏腕弁護士佐田の妻・由紀子役に映美くらら、娘・かすみ役に畑芽育らお馴染みのメンバーも続投。

豪華キャストが再集結し、この冬、最高に痛快なリーガル・エンターテインメントに期待が膨らむ。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)