平間壮一が小関裕太と恋に落ちる…『The View Upstairs-君が見た、あの日-』上演決定

映画・舞台 公開日:2021/09/10 10
この記事を
クリップ

この度、2022年2月に日本青年館ホールにて、ミュージカル『The View Upstairs-君が見た、あの日-』を上演する事が決定した。


本作品は、ニューオリンズにある「アップステアーズ・ラウンジ」という同性愛者クラブで、1973年に実際に起きた未解決事件“アップステアーズ・ラウンジ放火事件”を元にした物語。ブロードウェイ新進気鋭の若手作家、マックス・ヴァーノン作・作詞・作曲の、米国史上に残る同性愛者クラブに対する事件の一つを題材にしたこのミュージカルは、2017年にアメリカ、オフブロードウェイで初演、その後世界各地で上演された。2018年にはオーストラリア、シドニーで初海外プロダクションが開幕、2019年にはロンドン版も上演され、そしてついに日本初演を迎える。


主人公で、現代から突然1973年にタイムスリップしてしまう若きデザイナーのウェス役には、『RENT』や『ロミオ&ジュリエット』など本格ミュージカルや舞台にも出演、今春上演のミュージカル『イン・ザ・ハイツ』では主演を果たし、高評価を得た平間壮一。突如現れたウェスに興味を持ち、次第に惹かれていく若い男娼パトリック役には、舞台『モンティ・パイソンのSPAMLOT』でロビン卿役、ドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』ではイケメン消防士、情報番組『王様のブランチ』ではブランチファミリーとしてレポーター、来年はミュージカル『四月は君の嘘』の主演も控え、幅広く活躍する小関裕太。

女性と結婚して子供もいる“クローゼット”のゲイ・バディを演じるのは、映画『塔の上のラプンツェル』『シンデレラ』など数多くのディズニー映画で卓越した声を響かせ、また本年はミュージカル『October Sky 遠い空の向こうに』、来年は舞台『CROSS ROAD~悪魔のヴァイオリニスト パガニーニ~』の出演が控え、俳優だけでなく声優としても活躍する畠中洋。フレディの母親でシングルマザーのイネズ役を演じるのは、劇団四季入団後『キャッツ』『ライオンキング』等ではメインキャストを務め、退団後、韓国で上演された舞台『CHICAGO』に出演。本年は舞台『SHOW TIME』でも圧巻の歌唱力を披露し、女優・歌手としても歌声で魅了し続けるJKim。

昼は建設作業員、夜はラテン系ドラァグクイーンのオーロラとしてパフォーマンスをしているフレディ役には、ミュージカル『テニスの王子様』や大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』に出演、シンガーソングライターとしても活動し、映画・ドラマの主題歌・挿入歌を担当。さらに、俳優としてもミュージカル『刀剣乱舞』に出演するなど、幅広く活躍する今最も注目するアーティストの阪本奨悟。受け入れられることに飢えた孤独な男娼でホームレスのデール役は、自らを中心とするEntertainment Unit「DIAMOND☆DOGS」を始動、舞台構成・総合演出も手掛け、東宝ミュージカル『レ・ミゼラブル』などに出演。本年も舞台『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stageに出演するなど、多方面に活動の幅を広げている東山義久。

経験豊富でゲイバーの皆のメンターのような存在の黒人男性ウィリー役には、舞台はグランドミュージカルから2.5系まで、コンサートはクラッシックホールからライブハウスまで、舞台や配信の企画構成や後進の指導にも余念がない、「アグレッシブ」を体現する俳優、岡幸二郎が演じる。共演には関谷春子、大村俊介(SHUN)、大嶺巧ら、歌・ダンスの実力を兼ね備えた俳優達が結集。演出は訳詞・翻訳の評価も高く、日英米で演出家としても活躍をひろげている英国在住の市川洋二郎が務める。

まだ同性愛が法律違反であった時代に迷い込んだ青年を待ち受ける出会い、別れ、苦悩を魅惑的に描いた傑作をお届けする。乞うご期待。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)