佐藤健の集中力にベテラン阿部寛も絶賛、11年ぶりの共演で感じたこと

映画・舞台 公開日:2021/09/27 89
この記事を
クリップ

信頼関係で結ばれた珠玉の芝居

本作はコロナ禍で撮影が行われた。途中撮影が延期になった時期もあり、完成までには、多くの壁が立ちはだかった。


佐藤は「本当に諦めなければならないかも……と思った時期もありました」と胸の内を明かすと「それでも多くの方々の協力のもと、なんとか撮影ができました」と周囲への感謝を述べると、阿部も「瀬々監督のチームは、みんなまっすぐに作品に向かっていく人たちばかりだったので、大変な状況下ですが、みんなで一丸となって責任感を持って臨めた現場でした」とチームワークの良さを強調していた。


佐藤、阿部共に「俳優に自由に芝居をさせてくれる」と瀬々監督の現場の特徴を語る。だからこそ、互いの呼吸や信頼関係が大切になってくる。


佐藤は「監督からの細かい指示はまったくないので、それぞれが自分自身で芝居を選択していくんです。完全に信頼関係がないとできないのですが、だからこそハマったときは本当に楽しい。阿部さんは、僕がなにをしてもしっかりと受け止めてくださいました。とてもありがたかったです」と感謝を述べると、阿部も「健くんが、(佐藤が演じた)利根でいてくれたので、こちらも思う存分向き合うことができました」と佐藤の役への理解度に敬意を表していた。



クレジット一覧

取材・文:磯部正和

撮影:友野雄(Tomono Yu)


佐藤健

ヘアメイク:古久保英人(OTIE)

スタイリスト:橋本敦(KiKi inc.)


阿部寛
ヘアメイク:AZUMA(M-rep MONDO-artist group)
スタイリスト:土屋シドウ


3/3ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 13件)