宮沢氷魚、忘れられない出会いを告白「すっごい怪しい人がいて...」

映画・舞台 公開日:2021/09/01 14
この記事を
クリップ

原作者の吉本氏とともに同作の試写をしたという小松は、「試写で原作の方と一緒に観ることがなかったので、すごく不安でした」と吐露。吉本氏が「こういう感じが書きたかったんだなということを思い出せました」と称賛したのを受け、小松は「安心しました。生みの親であるばななさんに喜んでもらえることが本当に幸せです」とはにかんだ。


最後に宮沢は「世の中がコロナウイルスなどで、みなさん辛い思いをされていますけれども、この作品でさつきや(佐藤演じる)柊が愛する人をなくしたように、みなさんもなにかをなくしたと思うんですよね。それは愛する人かもしれないし、仕事や住むところかもしれない」とポツリ。


そして「皆さんの背中をポンと押すような温かい作品になったらいいなという思いで僕たちはこの作品を作りました。この思いが皆様に届いて、少しでも希望を持っていただけたら僕たちはとてもうれしいと思うので、ひとりでも多くの人に観ていただきたい。どうかよろしくお願いします」と頭を下げていた。


映画『ムーンライト・シャドウ』 は、9月10日(金)より全国ロードショー。

配給:エレファントハウス

©2021映画「ムーンライト・シャドウ」製作委員会

2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 30件)