劇団EXILE佐藤寛太、『軍艦少年』映画化で主演「震えました」

映画・舞台 公開日:2021/08/31 9
この記事を
クリップ

2012年にヤングマガジンにて連載された『軍艦少年』が実写映画化され、12/10(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷他にて全国ロードショーされる事が決定した。


累計発行部数1,200万部突破の『ギャングキング』、ヤングマガジン絶賛連載中の『セブン☆スター』などを執筆し、ヤンキー漫画のカリスマとして人気を誇る柳内大樹が放つ、渾身の熱き青春漫画『軍艦少年』が遂に実写映画化。


気の荒い主人公・坂本海星役を演じたのは、男達の友情と熱き戦いを描く『HiGH&LOW THE MOVIE』シリーズ、恋愛バイブルが原作の『イタズラなKiss THE MOVIE』シリーズなどに出演し、劇団EXILEのメンバーとして注目を集める佐藤寛太。また、失意に沈む主人公の父・坂本玄海役を演じたのは、アメリカに逃亡した日本のヤクザを描く『BROTHER』、歴史エンターテインメントが原作の『キングダム』などに出演し、国内外でバイプレイヤーとして精力的に活動する加藤雅也。

そして、社会現象を巻き起こした『おっさんずラブ』、SNSで話題となった『あのときキスしておけば』などを演出し、映像業界全般でマルチクリエイターとして幅広く活躍するYuki Saitoが本作の監督を務めている。さらに、世界中で大ヒットを記録した『007 スカイフォール』、日本でも大ヒットを記録した『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』前後篇などに登場し、映像作品のロケーションとして脚光を浴びる軍艦島が本作の舞台となっており、2015年に世界文化遺産に登録されて以降初となる映画撮影を行なっている。心の拠り所とは、魂の救済とは、自身の幸せとは何か、大切な家族を失った親子が生きる意味を見出していく、喪失と再生を描く魂の物語がここに誕生。

坂本海星役をオファーされた佐藤は原作を読み、「震えました。自分の全てをかけて原作に恥じないようまっとうしよう」と主人公を演じた決意を話し、主人公の父を演じた加藤については、「役としても演者としても雅也さんに本気でぶつかっていた気がします」と撮影を振り返った。一方、坂本玄海役で共演した加藤は佐藤について「フレッシュさがあり、役を体で演じる役者」と評し、“最愛の妻を亡くした男”という役柄については、「妻との出会いからどんな人生を歩んできたのか、その点に重きを置き、具体的に考えました」と語った。

最後に、観客に向けてのメッセージについて佐藤は「観た人の心の中に一筋、光を投げてくれる作品」、本作のテーマについて加藤は、「いま人々が必要としている”思いやり”がテーマの映画です。みんなが繋ぐ“思いやり”の大切さ、そして“思いやり”で繋がる人々の絆。“思いやり”でその人の人生も周りの人の人生も変わる。そんな事を感じさせてくれる映画」と仕上がりに自信を見せた。

<坂本海星役 佐藤寛太 コメント>

柳内先生の他の作品は読んでいたのですが『軍艦少年』は未読だったので先生の作品を実写化するとオファーをいただいてからすぐ原作を読みました。震えました。この時代にこんな作品を、この主人公を、自分が演じられるなんて、自分の全てをかけて原作に恥じないようまっとうしようと思いました。少年漫画的アツい展開のなかにある本筋の人の愛や、想い。旅立つ人が遺していくもの、もらった人が受け継いで生きていくこと、本当に多くの想いがこの作品に込められているなと感じました。喧嘩のシーンが多かったのでクランクイン前は体づくりをしていました。撮影が始まってからはみんなが本気で現場に食らいつきたくなる主人公でいようと考えていました。
加藤雅也さんとは現場ではなんでも話していました。役としても演者としても雅也さんに本気でぶつかっていた気がします。ご自身の経験や、芝居をするときに大事にしていることを僕らにも言葉で説明してくれる優しさや、現場に入る前に監督と意見を交換してキチンとイメージをすり合わせてから撮影に入る真摯な姿を見せてくださいました。カッコいい人です。2年前の撮影期間中、みんなが本気で全力でした。観た人の心の中に一筋、光を投げてくれる作品です。この作品に携われて幸せでした。不器用で純粋で真っ直ぐな海星をこの作品のもつパワーを映画が映画館で放つ輝きを期待して是非劇場に足を運んでいただきたいです。

<坂本玄海役 加藤雅也 コメント>

Yuki Saito監督とは以前、短編映画を一緒に制作させていただいたのですが、今回は長編映画でご縁をいただいて、オファーをいただいた時はとても嬉しかったです。生きる気力をなくした男という役柄は今までやったことがなかったので、原作を読んだ時は挑戦できる嬉しさがこみ上げてきました。“最愛の妻を亡くした男”という役柄なので、妻との出会いからどんな人生を歩んできたのか、その点に重きを置き、具体的に考えました。
佐藤寛太くんはフレッシュさがあり、役を体で演じる役者さんだと感じました。伸びやかで良いですね!これからとても楽しみな俳優さんです。いま人々が必要としている”思いやり”がテーマの映画です。妻への“思いやり”、残された夫への“思いやり”、父親から息子への“思いやり”、母から残された子への“思いやり”。みんなが繋ぐ“思いやり”の大切さ、そして“思いやり”で繋がる人々の絆。“思いやり”でその人の人生も周りの人の人生も変わる。そんな事を感じさせてくれる映画です。ぜひ観てください。

<監督 Yuki Saito コメント>

柳内大樹先生の「軍艦少年」を航海図に、キャスト&クルーと軍艦島に降り立った時、歴史を感じさせる圧倒的な存在感に心が躍り、もう朽ち果ててしまいそうな詫びしさと自然に還っていく再生力を感じました。佐藤寛太くんと加藤雅也さんを筆頭にエネルギーに満ち溢れたキャラクターが暴れ回り、母の深い愛に涙するジェットコースターみたいな家族の再生物語です。是非『軍艦少年』行きの船に乗って、スクリーンで体感して頂ければ幸いです。

<原作 柳内大樹 コメント>

僕はその時々の自分の気持ちを作品にぶつけるタイプなのでこの「軍艦少年」は今までで一番気持ちを込めて描きました。ところがあまり売れなかったので(笑)今回映画化のお話をいただいた時は本当に心から嬉しかったです。長崎の軍艦島の撮影を見学させてもらえたのですが、その時の佐藤寛太くんの演技を見て僕の中の主人公の海星のイメージ通りすぎて驚きました(笑)加藤雅也さんは御本人の色気&オーラに圧倒されました!「軍艦少年」を描くきっかけは僕が大切な人を亡くしたことでした。テーマは“大切な人の死をどう乗り越えるか”です。亡くなった人の気持ちはわかりませんが、亡くなった人の立場になって想像することはできます。この映画を観て新たな“門出”になっていただけたら幸いです。


■映画『軍艦少年』

12月10日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷他にて全国ロードショー
出演:佐藤寛太、加藤雅也
監督:Yuki Saito
脚本:眞武泰徳
原作:柳内大樹『軍艦少年』(講談社「ヤンマガKC」刊)
配給:ハピネットファントム・スタジオ

(C)2021『軍艦少年』製作委員会 (C)柳内大樹/講談社

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)