平野紫耀『かぐや様』生徒会でダンス、キャストの振り入れは「岸くんより早かった」

映画・舞台 公開日:2021/08/20 17
この記事を
クリップ

人気グループ・King & Princeの平野紫耀が20日、都内で行われた映画『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル』公開初日舞台あいさつに橋本環奈、佐野勇斗、浅川梨奈、日向坂46の影山優佳、河合勇人監督とともに出席した。


人気マンガを実写化し、2019年9月に公開された『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』の続編にして完結編。高すぎる「頭脳偏差値」と低すぎる「恋愛偏差値」による恋愛頭脳戦の行方を描く。


生徒会長・白銀御行を演じた主演の平野は、初日を迎え「いやぁ最高っすね。うれしいです。コロナ禍真っ只中での撮影で不安もあったけど、たくさんの方に初日から観ていただけて感動が来て参ります。…ん?来て参ってます?」と天然まじりにあいさつ。ヒロイン生徒会副会長・四宮かぐや役の橋本も「無事に公開されてうれしい」と封切りを喜んだ。


この日、エンドロールで生徒会メンバーがKing & Princeの主題歌『恋降る月夜に君想ふ』にのせてダンスするシーンがあったことが明らかになった。平野は「メンバーより先に生徒会のメンバーで踊っている」と告白し、「皆さんダンスが上手でいらっしゃるから違和感なかった。明らかに岸(優太)くんより(振り付けを覚えるのが)早かった。リーダーより早かった(笑)」とぶっちゃけ。さらに「浅川のダンスを髙橋(海人)が必死に見て勉強していた。今の髙橋があるのは浅川のおかげ」と話すと、浅川は「おかしいのよ!」とツッコみつつ「光栄に存じます」と頭を下げた。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 26件)