佐藤勝利(Sexy Zone)初単独主演舞台メインビジュアル解禁、入野自由らの姿も

映画・舞台 公開日:2021/08/20 13
この記事を
クリップ

2021年9・10月に、東京・京都で上演される、佐藤勝利(Sexy Zone)が初の単独主演を務める舞台、PARCO PRODUCE『ブライトン・ビーチ回顧録』。この度、キャストの姿を収めたメインビジュアルが完成した。


1980年代に上演されたPARCO劇場の代表作ともいわれる、アメリカ・ブロードウェイの名コメディ作家、ニール・サイモンの三部作、『ブライトン・ビーチ回顧録』『ビロクシー・ブルース』『ブロードウェイ・バウンド』。B・B三部作と呼ばれるこれらの作品は、ニール・サイモン自身を思わせるユージンを中心に描かれる青春成長物語で、ニール・サイモンの新境地を開いたといわれる作品だ。


その三部作の1作目となる『ブライトン・ビーチ回顧録』は、サイモンの少年時代を描いたとされている。1937年、第二次世界大戦の足音が近づく時代、ニューヨークのブライトン・ビーチに住む、貧しくもたくましく生きるユダヤ人一家と思春期を迎えたユージンの成長を描いた名作。ブロードウェイでの上演は実に1306回を数える大ヒットを記録、83年の初演でユージンを演じたマシュー・ブロデリックはその年のトニー賞を受賞。85年にはPARCO劇場にて日本初演され、大好評を博した。


時代を越えて愛されるこの名作を、日本初演で訳・演出を手がけた青井陽治による翻訳版で、今注目を集める気鋭の演出家・小山ゆうなが演出。ユージン役に、本作が初の単独主演舞台となるSexy Zoneの佐藤勝利。14歳の少年を、瑞々しく体現する。母ケイト役に松下由樹、兄スタンリー役に入野自由。ユージンの叔母ブランチ役に須藤理彩、ユージンの従姉妹、姉のローラ役に川島海荷、妹のローリー役に岩田華怜。一家の父・ジャック役は、神保悟志が務める。舞台・映像と多彩に活躍する実力派キャストが、いつの時代も変わらぬ“家族”の物語を、ユーモラスに、時におかしく時に真剣に、温かく描き出す。


<STORY>

第二次大戦前夜、
野球、セックス、勉強・・・揺れ動く多感な少年期の想い出と
家族愛を謳った心温まるニール・サイモンの自伝世界。

ニューヨークのブルックリン地区の南、中流の下の収入の人々が暮すブライトン・ビーチ。時は1937年9月。
人々は、深刻な不況と近づいてくる戦争の足音に、不安な日々を送っていた。思春期を迎えたユダヤ人の少年ユージン(佐藤勝利)は父ジャック(神保悟志)、母ケイト(松下由樹)、兄スタンリー(入野自由)の4人家族。ケイトの妹ブランチ(須藤理彩)が夫に先立たれ二人の娘を連れて居候している。
野球選手か作家になるのが夢で、毎日秘密の回顧録を書いているユージン。ケイトは身を粉にして働いてはいるが生活は苦しく、いつヒステリーが爆発してもおかしくない状態。従姉のノーラ(川島海荷)は、ブロードウェイの演出家に呼び出されて女優になると言い出し、ローリー(岩田華怜)は病気がちで本を読んでいるばかり。その上、スタンリーは正義感から同僚をかばい、この不況の中で失職しそうになる。ジャックは家族の問題を解決しようとするのだが…。
性に目覚め、戸惑いながらも成長してゆくユージンの目を通し、家族の姿がユーモラスに温かに描かれていく。時におかしく、時に真剣に、困難な時代に喧嘩や失敗を重ねながらも「自分」と「家族」を見出していく物語。


■公演概要
タイトル:PARCO PRODUCE『ブライトン・ビーチ回顧録』
出 演:佐藤勝利(Sexy Zone) / 松下由樹 入野自由
          須藤理彩 川島海荷 岩田華怜 神保悟志

<東京公演>
公演日程:2021年9月18日(土)~10月3日(日) 
会 場 :東京芸術劇場 プレイハウス
料 金 :10,000円 (全席指定・税込)
一般発売日:8月21日(土)

<京都公演>
公演日程:2021年10月7日(木)~13日(水)
会 場 :京都劇場
料金 :10,000円(全席指定・税込)
一般発売日:9月5日(日)

※本記事は掲載時点の情報です。