岡田准一、鈴木亮平との緊迫したやりとり、“顔つき”の変化にも注目『燃えよ剣』

映画・舞台 公開日:2021/08/18 10
この記事を
クリップ

歴史小説界の巨星・司馬遼太郎が土方歳三を主人公に、新選組の志士たちの知られざる人生と激動の時代・幕末を描いた国民的ベストセラー、「燃えよ剣」が遂に完全映画化。東宝=アスミック・エース共同配給にて、映画『燃えよ剣』が10月15日(金)より全国公開となる。


名匠・原田眞人監督のもと、主演には今や日本の映画界に欠かせない俳優、岡田准一。その他、柴咲コウ、鈴木亮平、山田涼介、伊藤英明と、豪華俳優が集結。激動の幕末でわずか6年だけ存在した「新選組」。彼らは、いかにして歴史に名を刻む【伝説(レジェンド)】となったのか―?時代の大きな変化の中、剣を手に命を燃やした男たちの知られざる【愛】と【戦い】、そのすべてが今、スクリーンで明かされる。

【関連】岡田准一がキャストに殺陣の指導、ド迫力の『燃えよ剣』新予告映像公開


この度、土方歳三たちが「新選組」となり、“史上最強の剣客集団”に至る経緯をまとめた“3分でわかる新選組”特別映像が解禁された。


江戸時代末期。黒船が来航し、開国か倒幕かに国中が揺れた激動の時代。武州多摩の“バラガキ”だった土方歳三(岡田准一)は、「武士になる」という熱い夢を胸に、近藤勇(鈴木亮平)、沖田総司(山田涼介)ら同志と共に京都へ向かう。時を同じくして、江戸幕府第15代将軍・徳川慶喜(山田裕貴)の命により、会津藩藩主・松平容保(尾上右近)が京都の治安維持のため、京都守護職に就任。剣術道場「試衛館」の同志である、藤堂平助(金田哲)、永倉新八(谷田歩)、斎藤一(松下洸平)、山南敬助(安井順平)のほか、水戸藩浪士の芹沢鴨(伊藤英明)も加わり、京都の市中を警備する「新選組」が発足した。局長を芹沢と近藤が、副長を土方と山南が務め、厳しい法度で統率された新選組は“史上最強の剣客集団”として、倒幕派勢力の制圧に活躍を見せるが…。

公開された映像は、そんな新選組の発足から、局長・近藤を頂点とする“最強の剣客集団”として活躍する背景が分かりやすくまとめられている。激動の時代の中、剣を手に命を燃やした男たちにドラマチックな運命が怒涛のように押し寄せ、本作のスケールの大きさが一目で分かる映像に仕上がっている。注目すべきは、土方(岡田)の“顔つき”の変化だ。喧嘩に明け暮れていた田舎の“バラガキ”時代とは異なり、新選組副長として見せる土方の表情と佇まいは、まさに武士そのもので、圧倒的な貫禄を感じさせる。

「罪あらば斬る、隊の名を汚すものは斬る。それが新選組だ」―映像の終盤に映し出される、近藤(鈴木)との緊迫したやりとりは必見。また、池田屋事件での活躍でその名を轟かせる新選組だったが、時流は倒幕に傾き、遂に時の将軍・慶喜が大政奉還をする。土方と新選組の運命は―?彼らの強い絆は、現代に生きる私たちの胸にも深く響くこと請け合いだ。

池田屋事件、鳥羽・伏見、五稜郭の戦い…近藤・土方らが率いる「新選組」の熱い戦いと、そこで描かれる彼らの絆の強さを、ぜひスクリーンで体感してほしい。日本映画史に残る≪スペクタクル・エンタテインメント超大作≫、映画『燃えよ剣』は、10月15日(金)全国公開。


■映画『燃えよ剣』

10月15日(金) 全国ロードショー
出演:岡田准一 柴咲コウ 鈴木亮平 山田涼介 尾上右近 山田裕貴 たかお鷹 坂東巳之助 安井順平 谷田歩 金田哲 松下洸平 村本大輔 村上虹郎 阿部純子 ジョナス・ブロケ 大場泰正 坂井真紀 山路和弘 酒向芳 松角洋平 石田佳央 淵上泰史 渋川清彦 マギー 三浦誠己 吉原光夫 森本慎太郎 髙嶋政宏 柄本明 市村正親 伊藤英明
配給:東宝 アスミック・エース

(C)2021「燃えよ剣」製作委員会


▼映画『燃えよ剣』 特別映像~3分でわかる新選組~

※本記事は掲載時点の情報です。